松島剛蔵

概要

 松島剛蔵(まつしまごうぞう)文政八年乙酉(きのととり22)三月六日(1825年4月23日) 生誕- 元治元年乙丑(きのとうし2)十二月十九日(1865年1月16日)逝去(三十九歳)は、江戸時代末期の長州藩士、医師。尊王攘夷と倒幕運動派の志士として活動。長州藩の俗論派(幕府派)によって処刑。甲子殉難十一烈士(きのえねじゅんなんじゅういちれっし)の一人。

経歴

 文政八年乙酉(きのととり22)三月六日(1825年4月23日)に松島剛蔵は長州藩の藩医である父・松島瑞蟠の長男として萩中ノ倉で誕生する。弟に吉田松陰の妹婿である小田村伊之助(楫取素彦:かとり もとひこ)と小倉健作(松田謙三:まつだ けんぞう)がいる。

吉田松陰
楫取 素彦

 長崎の長崎海軍伝習所でオランダ人に航海術を3年間学び、帰藩して洋学所、軍艦教授所を創立する。軍艦教授所の門下生には高杉晋作がいた。松下村塾の門下生らと提携して様々な活動を行う。

高杉晋作
松下村塾

 安政四年(1857年)に長州藩初の西洋式軍艦製造にともない、初代長州藩海軍総督となり、丙辰丸(へいしんまる)艦長に就任する。桂小五郎(木戸孝允)と共に海軍の充実と丙辰丸の江戸航海について、高杉晋作や久坂玄瑞(くさかげんずい)ら士分6人と舸子14人が丙辰丸に乗り込み、外洋を航海し江戸に入る。水戸藩と長州藩が連帯して行動することを約した「丙辰丸の盟約(へいしんまるのめいやく)」(成破の約)を丙辰丸艦内で結ぶ。

桂小五郎(木戸孝允)
久坂 玄瑞

 文久二年(1862年)に高杉晋作、久坂玄瑞らと共に御楯組(みたてぐみ)を結成する。文久二年十二月十二日(1863年1月31日)に江戸品川の御殿山に建設中だったイギリス公使館を襲撃した。

 文久三年五月(1863年6月)に下関戦争に参戦する。同年六月(同年7月)に米国軍艦の猛烈な反撃にあい、他の長州艦船と共に庚申丸は沈没した。大砲、砲台も破壊されて大損害をこうむり、フランス軍艦が下関を砲撃した。戦後、長州藩は幕命に従ったのみと主張したため、アメリカ、イギリス、フランス、オランダに対する損害賠償責任は徳川幕府のみが負うことになる。

 元治元年七月十九日(1864年8月20日)に京都で禁門の変(きんもんのへん)が起きる。久坂玄瑞らが戦死した。幕府による第一次長州征討で俗論派が藩政権を握ったため、松島は萩野山獄に投ぜられた。

 元治元年十二月十九日(1865年1月16日)に松島剛蔵は処刑される。三十九年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA