吉田松陰

                  吉田松陰

概要

 吉田 松陰(よしだ しょういん)文政十三年庚寅(かのえとら27)八月四日(1830年9月20日)生誕-安政六年己未(つちのとひつじ59)十月二十七日(1859年11月21日)逝去(二十九歳)は、江戸時代末期の長州藩士、思想家、教育者。山鹿流兵学師範

経歴

 文政十三年庚寅(かのえとら27)八月四日(1830年9月20日)に長州萩城下松本村(現、山口県萩市)で長州藩士・杉常道(すぎつねみち)の次男として誕生しました。天保五年(1834年)に叔父で山鹿流兵学師範である吉田大助の養子となり、兵学を修めました。

 天保六年(1835年)に養父の大助が死亡したため、同じく叔父の玉木文之進が開いた松下村塾で指導を受けました。九歳のときに明倫館の兵学師範に就任。十一歳のとき、藩主・毛利敬親(もうり たかちか)への御前講義の出来栄えが見事であったことにより、その才能が認められました。

玉木文之進
毛利敬親

 松陰は子ども時代、父や兄の杉民治(すぎ みんじ)とともに畑仕事に出かけ、草取りや耕作をしながら「四書五経」の素読、「文政十年の詔」「神国由来」、その他頼山陽の詩などを父が音読し、あとから兄弟が復唱しました。夜も仕事をしながら兄弟に書を授け本を読ませました。

杉民治

 松陰は天保十一年(1840年)に勃発したアヘン戦争で清がイギリスに大敗したことを知って山鹿流兵学が時代遅れになったことを痛感しました。松陰は西洋兵学を学ぶために嘉永三年(1850年)に九州に遊学しました。江戸に出府して佐久間象山や安積艮斎(あさか ごんさい)から学びました。

佐久間象山
安積艮斎

 嘉永五年(1852年)に、宮部鼎蔵らと東北旅行を計画するが、出発日の約束を守るため、長州藩からの通行手形の発行を待たず脱藩しました。水戸で会沢正志斎(あいざわせいしさい)と面会しました。会津で日新館の見学を始め、東北の鉱山の様子などを見学しました。秋田では相馬大作事件の現場を訪ねました。津軽では津軽海峡を通行する外国船を見学しようとしました。江戸に帰府後、罪に問われて士籍剥奪及び世禄没収の処分を受けました。

 嘉永六年六月三日(1853年7月8日)にマシュー・ペリー率いるアメリカ海軍東インド艦隊が浦賀沖に来航すると、松陰は師の佐久間象山と黒船を遠望観察し、西洋の先進文明に心を打たれました。その後、象山の薦めもあって外国留学を決意しました。長崎に寄港していたプチャーチンのロシア軍艦に乗り込もうとしましたが、同艦が予定を繰り上げて出航していたために果たせませんでした。

マシュー・ペリー
プチャーチン

 嘉永七年一月十六日(1854年2月13日)に旗艦サスケハナ号など7隻の軍艦を率いて現在の横浜市の沖に迫り、早期の日米和親条約締結を求め、再航した際には、金子重之輔と2人で、海岸につないであった漁民の小舟を盗んで旗艦ポーハタン号に漕ぎ寄せ、乗船しました。しかし、渡航は拒否されて小船も流されたため、下田奉行所に自首し、伝馬町牢屋敷(てんまちょうろうやしき)に投獄されました。松陰は国許蟄居となり、長州へ檻送されたあとに野山獄に幽囚されました。

伝馬町牢屋敷

 安政二年(1855年)に出獄を許されましたが、杉家に幽閉の処分となりました。安政四年(1857年)に叔父の玉木文之進が主宰していた松下村塾の名を引き継ぎ、杉家の敷地に松下村塾を開塾しました。この松下村塾において松陰は久坂玄瑞(くさかげんずい)、高杉晋作、伊藤博文、山県有朋、吉田稔麿(よしだ としまろ)、入江九一(いりえくいち)、前原一誠、品川弥二郎、山田顕義(やまだあきよし)、野村靖、渡辺蒿蔵(わたなべこうぞう)、河北義次郎などの面々を教育しました。

久坂玄瑞
高杉晋作
伊藤博文
山県有朋
吉田稔麿
前原一誠
品川弥二郎
山田顕義
野村靖
渡辺蒿蔵

 安政五年六月十九日(1858年7月29日)に幕府が無勅許で日米修好通商条約を締結したことを知った松陰は激怒しました。松陰は老中首座・間部詮勝(まなべあきかつ)が孝明天皇への弁明のために上洛するのをとらえて条約破棄と攘夷の実行を迫り、それが受け入れられなければ討ち取るという策を考えました。松陰は計画を実行するため、大砲などの武器弾薬の借用を藩に願い出るも拒絶されました。この計画は弟子や友人の多くは反対しました。松陰は幕府が日本最大の障害になっていると批判し、倒幕を主張しました。松陰は長州藩に危険視され、再度、野山獄に幽囚されました。

間部詮勝

 安政六年(1859年)に梅田雲浜が幕府に捕縛されると、雲浜が萩に滞在した際に松陰と面会していることと、伏見要駕策を立案した大高又次郎と平島武次郎が雲浜の門下生であった関係で、松陰は安政の大獄に連座して江戸に檻送されて伝馬町牢屋敷に投獄されました。幕府が松陰に問いただしたのは、雲浜が萩に滞在した際の会話内容などの確認であったが、松陰は老中暗殺計画である学間部要撃策を自ら進んで告白してしまいました。この結果、松陰に死罪が宣告されました。

梅田雲浜

 吉田松陰は安政六年十月二十七日(1859年11月21日)に処刑され二十九年の生涯を終えました。

著作・伝記・評伝

留魂録

吉田松陰

吉田松陰一日一言

吉田松陰 (河出文庫)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA