佐野常民

佐野 常民

概要

 佐野常民(さのつねたみ)文政五年癸未(みずのとひつじ 20)十二月二十八日(1823年2月8日)生誕- 明治三十五(1902)年十二月七日薨去(七十九歳)は、佐賀藩士。政治家。日本赤十字社の創始者。佐賀の七賢人の一人。

経歴

 文政五年癸未(みずのとひつじ 20)十二月二十八日(1823年2月8日)に佐野常民は肥前国佐賀郡早津江村(現、佐賀市)で佐賀藩士父・下村三佐衛門(充贇)の五男として誕生する。幼名は鱗三郎。

 天保二年(1831年)に常民は佐賀藩医の佐野常徴の養子となる。佐賀藩校弘道館で学ぶ。天保八年(1837年)に江戸へ遊学して古賀侗庵に学ぶ。天保十年(1839年)に佐賀に帰藩し、弘道館で考証学、松尾塾で外科術を学ぶ。

 弘化三年(1846年)に京都で広瀬元恭の時習堂に入門する。嘉永元年(1848年)に大坂の適塾で緒方洪庵に学ぶ。適塾では大村益次郎など明治維新で活躍する多くの人材と知遇を得た。

緒方洪庵
大村益次郎

 嘉永二年(1849年)に江戸で伊東玄朴の象先堂塾に入門して塾頭となる。この頃に勤皇運動に傾倒して藩の知るところとなり急遽佐賀に戻るよう命じられる。嘉永六年(1853年)に佐賀藩の精煉方頭人となる。

伊東玄朴

 安政二年(1855年)年に長崎の海軍予備伝習に参加する。同年幕府が長崎海軍伝習所を開設し、佐賀藩から常民ら四十八名が第一期生として参加する。この頃に藩主の鍋島直正へ海軍創設の必要性を説き、自ら海軍所の責任者となる。

鍋島直正

 慶応三年(1867年)にパリ万国博覧会に参加する。万博会場で国際赤十字の組織と活動を見聞した。その後オランダに行き、日進の建造を発注した。西欧諸国の軍事、産業、造船術などを視察して1868(明治元)年に帰藩する。

 明治維新後の明治三年(1870年)に兵部省(ひょうぶしょう)に就任する。日本海軍の基礎創りに尽力した。他の海軍担当官との関係に亀裂が生じ就任後8カ月で罷免される。

 明治六年(1873年)にウィーン万国博覧会事務副総裁に就任する。ウィーン万国博覧会に派遣された。博覧会を通じて日本の近代化に貢献する。

 明治十一年(1878年)に博愛社の総副長に就任する。明治二十年(1887年)に博愛社を日本赤十字社と改称し、初代社長に就任した。日本赤十字社が国際赤十字に加盟する。

 明治三十五(1902)年十二月七日に佐野常民は薨去。七十九年の生涯を終えた。

伝記・評伝

佐野常民 (佐賀偉人伝)

人間の生命(いのち)につかえて 日本赤十字の父 佐野常民

近代日本の礎を築いた佐賀藩士――「久米邦武」と「佐野常民」の思想研究

火城 幕末廻天の鬼才・佐野常民 (PHP文庫)

「佐野常民」の思想――長崎海軍伝習所時代の手書き記録「安政日記」から読み解く

日赤の創始者 佐野常民 (歴史文化ライブラリー)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA