由利公正

由利公正

概要

 由利公正(ゆりきみまさ)文政十二年己丑(つちのとうし26)十一月十一日(1829年12月6日)生誕 – 明治四十二(1909)年四月二十八日薨去(七十九歳)は福井藩士、政治家、実業家。子爵。通称を石五郎、八郎。字を義由、雅号は雲軒など。

経歴

 文政十二年己丑(つちのとうし26)十一月十一日(1829年12月6日)に由利公正は越前国足羽群福井城下(現、福井県福井市)で福井藩士の父・三岡義知の嫡男として誕生する。嘉永六年(1853年)に家督相続する。

 福井を訪れた横井小楠から殖産興業と財政学を学ぶ。藩主・松平慶永(春嶽)から財政手腕を評されて、藩札発行と専売制を結合した殖産興業政策で窮乏した藩財政を再建した。

松平慶永(春嶽)

 文久二年七月九日(1862年8月4日)に松平慶永が幕府政事総裁職に就任する。公正は慶永の側用人に就任する。長州征伐について、藩論を巡って対立した征伐不支持派と支持派の両派の提携を画策したが、支持が得られず福井で蟄居、謹慎処分となる。

 公正が福井で謹慎中に坂本龍馬が来訪する。坂本とは新政府が取るべき経済政策について談義した。龍馬とは大変気が合ったようで、龍馬は「天下の人物といえば西郷隆盛と三岡八郎(由利公正)」と公正を評価している。

坂本龍馬

 明治維新後、由利公正は土佐藩の福岡孝弟(ふくおかたかちか)らと共に五箇条の御誓文(ごかじょうのごせいもん)の起草に参画する。公正が作成した「議事之体大意」が原文となっている。新政府では徴士参与として、金融財政政策を担当する。会計事務掛・御用金穀取締として、会計基立金募集や太政官札発行、商法司設置など積極的な政策を推進した。

 太政官札の流通難など政策に対する批判が高まった結果、明治二年(1869年)に辞職する。この頃、外国人技師を引き連れて宇都宮藩が放棄した篠井金山(しのいきんざん)の採掘に乗り出す。しかし事業は軌道に乗らなかった。

 明治四年(1871年)に東京府知事に就任する。明治五年(1872年)に岩倉使節団の随行に加わることになり、アメリカ、ヨーロッパへ渡航して各国の自治制度や議会制度などを研究する。明治七年(1874年)に板垣退助や江藤新平らと共に、政府に対して民撰議院設立建白書(みんせんぎいんせつりつけんぱくしょ)を提出する。

板垣退助
江藤新平

 明治八年(1875年)に元老院議官に任ぜられる。明治二十(1887)年五月二十四日に子爵に叙せられる。明治二十三年(1890年)に貴族院議員となる。同年十月二十日に麝香間祗候(じゃこうのましこう)となる。

 明治二十七(1894)年三月に京都で有隣生命保険株式会社(ゆうりんせいめいほけん)の初代社長に就任する。

 明治四十二(1909)年四月二十八日に由利公正は薨去。七十九年の生涯を終えた。

伝記・評伝

由利公正:万機公論に決し、私に論ずるなかれ (ミネルヴァ日本評伝選)

由利公正のすべて

横井小楠と由利公正の新民富論―明治国家のグランドデザインを描いた二人の英傑


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA