津田真道

                     津田真道

概要

 津田真道(つだまみち)文政十二年己丑(つちのとうし26)六月二十五日(1829年7月25日) 生誕- 明治三十六(1903)年九月三日薨去(七十四歳)は、江戸時代末期の幕臣。明治時代の官僚、政治家、啓蒙学者。

経歴

 文政十二年己丑(つちのとうし26)六月二十五日(1829年7月25日)に津田真道は美作国津山藩上之町(現、岡山県津山市)で誕生する。幼名は喜久治。後に真一郎、行彦。 

 嘉永三年(1850年)に江戸へ入府して、津田は箕作阮甫(みつくりげんぽ)と伊東玄朴(いとうげんぼく)から蘭学を学ぶ。佐久間象山から兵学を学ぶ。

箕作阮甫
伊東玄朴
佐久間象山

 安政四年(1857年)に津田は蕃書調所(蛮書調所 / ばんしょしらべしょ)に雇用される。津田は文久二年三月十三日(1832年4月11日)に幕府からオランダに留学の命を受ける。蕃書調所からは津田と西周が選ばれた。軍艦操練所から澤太郎左衛門や榎本武揚らが選ばれ、長崎で医学修行中の伊東玄伯、林研海が選ばれた。さらに鋳物師や船大工等の技術者である職方7名が一行に加わる。津田はオランダでライデン大学のシモン・フィッセリングから学ぶ。元治元年(1864年)にライデンのフリーメイソンの「ラ・ベルトゥ・ロッジ・ナンバー7」に入会する。4年後に帰国した。

西周
オランダ留学生

津田は幕府陸軍の騎兵差図役頭取を経て、目付に就任する。大政奉還に際しては徳川家中心の憲法案を構想する(『日本国総制度』)。

 明治維新後は新政府の司法省に出仕して『新律綱領(しんりつこうりょう)』の編纂に参画する。明治二年(1869年)に人身売買禁止を建議した。明治四年(1871年)に津田は外務権大丞となり日清修好条規(にっしんしゅうこうじょうき)提携に全権の伊達宗城の副使として清国へ行く。

伊達宗城

 津田は明治二十三年(1890年)に第一回衆議院議員総選挙に東京8区から立候補して当選する。大成会に所属して初代衆議院副議長に就任した。明治二十四(1891)年十二月十七日に商法及び商法施行条例の一部施行に関する法律案の第三読会開催案が可否同数になると、衆議院副議長として日本政治史上初の国会の議長決裁を行い、否決した。

 明治三十六(1903)年九月三日に津田真道は薨去。七十四年の生涯を終えた。

伝記・評伝

津田真道 研究と伝記

津田真道全集 (上)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA