西郷頼母

西郷頼母

概要

 西郷頼母(さいごう たのも)文政十三年庚寅(かのえとら27)閏三月二十四日(1830年5月16日)生誕 – 明治三十六(1903)年癸卯(みずのとう40)四月二十八日逝去(七十二歳)は、江戸時代末期の会津藩の家老。諱は近悳(ちかのり)。明治維新後に保科頼母(ほしな たのも)と改名。号を栖雲、または酔月、晩年は八握髯翁と号しました。

経歴

 文政十三年庚寅(かのえとら27)閏三月二十四日(1830年5月16日)に会津藩家老の西郷近思の子として誕生しました。

 西郷頼母は万延元年(1860年)に家督と家老職(家禄1,700石)を継いで藩主・松平容保に仕えました。文久二年(1862年)に容保が幕府から京都守護職を要請されたのに対し、政局に巻き込まれる懸念から辞退を進言したために、容保の怒りを買いました。

松平容保

 その後も、藩の請け負った京都守護の責務に対して否定的な姿勢を覆さず、禁門の変が起きる直前に上洛して会津藩士たちに帰国を説きました。しかし、賛同されずに帰国を強いられ、家老職まで解任されました。そして蟄居処分を受けました。

 明治元年(1868年)に戊辰戦争が勃発しました。頼母は容保から家老職復帰を許されました。頼母は江戸藩邸の後始末の任を終えたのち会津へ帰還しました。頼母を含む主な家老、若年寄たちは、容保の意に従い新政府への恭順を考えておりました。

 頼母は新政府側からの家老らに対する切腹を要求され、新政府に恭順せず、戦うことを決断しました。会津軍は新政府軍に守りを突破され、会津若松城下が取り囲まれました。身の危険を感じた頼母は、長子・吉十郎のみを伴い伝令を口実として城から逃げ出しました。

 会津から逃げ延びて以降、旧幕府軍に合流しました。旧幕府軍が降伏すると箱館で捕らえられ、舘林藩預け置きとなりました。明治三年(1870年)西郷家は藩主である保科家(会津松平家)の分家であったため、本姓の保科に改姓し、西郷は保科頼母を名乗りました。

 明治五年(1872年)に赦免され、伊豆で謹申学舎塾の塾長となりました。明治十二年(1879年)に長男の吉十郎が病没したため、甥(志田貞二郎の三男)の志田四郎(後の柔道家・西郷四郎)を養子とし、彼に柔術を教えました。

西郷四郎

 明治十三年(1880年)に旧会津藩主・松平容保が日光東照宮の宮司となると、頼母は禰宜となりました。明治二十年(1887年)に大同団結運動に共鳴し、会津と東京を拠点として政治活動に加わり、日光東照宮の禰宜を辞職しました。大同団結運動が瓦解したため政治運動から身を引き、郷里の若松(現、会津若松市)に戻りました。

 明治二十二年(1889年)から明治三十二年(1899年)まで、福島県伊達郡の霊山神社で神職を務め、辞職後は再び若松に戻りました。

 明治三十六(1903)年四月二十八日に保科頼母は七十二年の生涯を終えました。

伝記・評伝

西郷頼母―幕末の会津藩家老 (維新の群像)

幕末激動期の会津藩家老西郷頼母近悳の生涯 (1977年)

孤影の名臣 西郷頼母


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA