山内容堂(豊信)

山内 容堂( 豊信

概要

 山内容堂 ・ 豊信(やまうちようどう ・ とよしげ)文政十年丁亥(ひのとい24)十月九日(1827年11月27日)生誕-明治五年六月二十一日(1872年7月26日)薨去(四十四歳)は、土佐藩十五代藩主。諱は豊信。号は容堂。

                   高知城

経歴

 文政十年丁亥(ひのとい24)十月九日(1827年11月27日)に山内容堂は高知城で父・山内豊著と母・平石氏の長男として誕生する。

 十四代藩主・山内豊熈が藩主在職わずか12日という短さで急死したため、山内家は断絶の危機に瀕する。豊熈の妻・智鏡院が実家の島津藩をとおして老中首座の阿部正弘に豊信を十五代藩主に就任させることを働きかけた。豊信の生家である南邸山内家が分家五家の中での序列は一番下であったが、豊信の藩主就任が決定した。

                     阿部正弘

 藩主の座に就いた豊信は、革新派グループ「新おこぜ組」の中心人物である吉田東洋を起用する。嘉永六(1853年)に東洋を新たに設けた「仕置役(参政職)」に任じて家老を押しのけて西洋軍備採用、海防強化、財政改革、藩士の長崎遊学、身分制度改革、文武官設立などの藩政改革を断行する。東洋は後に藩の参政となる後藤象二郎と福岡孝弟を起用した。

吉田東洋
後藤象二郎
福岡孝弟

 豊信は福井藩主・松平春嶽、宇和島藩主・伊達宗城、薩摩藩主・島津久光と交流を持ち幕末の四賢侯(ばくまつのしけんこう)と称された。四賢侯は老中首座の阿部正弘に幕政改革を訴える。

松平春嶽
                     伊達宗城
島津斉彬

 阿部正弘死去後、井伊直弼が大老に就任する。将軍継嗣問題については豊信をふくむ四賢侯が十四代将軍に一橋慶喜を推薦した。井伊直弼が紀伊藩主の徳川慶福を推し、慶福が十四代将軍に決定する。豊信は十四代藩主・山内豊熈の弟の豊範に藩主の座を譲り、隠居する。

 井伊直弼
      
                    一橋慶喜
徳川家茂

 安政七年三月三日(1860年3月24日)に大老・井伊直弼が桜田門外で暗殺される(桜田門外の変)。その後尊王攘夷が主流となる。土佐藩でも武市半平太(たけちはんぺいた)を首領とする土佐勤皇党が公武合体派の吉田東洋と対立した。文久二年四月八日(1862年5月6日)に土佐勤皇党が東洋を暗殺する。

武市 半平太

 文久三年八月十八日(1863年9月30日)に京都で会津藩と薩摩藩による長州藩追い落としのための朝廷軍事クーデター(八月十八日の政変)が勃発する。容堂は謹慎を解かれ土佐藩に帰藩して藩政を掌握した。

 容堂は東洋を暗殺した政敵の土佐勤王党の大弾圧に乗り出して党員を捕縛、投獄した。慶応元年閏五月十一日(1865年7月3日)に首領の武市半平太は切腹を命じられ土佐勤王党は壊滅する。

 慶応二年一月二十二日(1866年3月8日)に土佐の志士、坂本龍馬の仲介により、薩長同盟が成立した。容堂は薩摩藩主導で設置された四侯会議(しこうかいぎ)に参加するが、幕府権力の削減を図る薩摩藩の主導を嫌った。四侯会議は短期間で崩壊する。

坂本龍馬

 「幕府が委託されている政権を朝廷に返還する案」および「船中八策(せんちゅうはっさく)」を坂本龍馬より聞いていた後藤は容堂にこの案を進言する。容堂はこれを妙案と考えて十五代将軍・徳川慶喜に建白した。慶応三年十月十四日(1867年11月9日)に慶喜は朝廷に政権を返還する(大政奉還)。

 慶応三年十二月九日(1868年1月3日)に小御所会議において薩摩、尾張、越前、芸州の各藩代表が集まり会議は容堂を無視して天皇を中心とする公議政体派、討幕強行派のペースで進み明治天皇より王政復古の大号令が発せられた。

明治天皇

 容堂は明治維新後、内国事務総裁に就任する。明治二年(1869年)に辞職した。明治五年六月二十一日(1872年7月26日)に山内容堂は薨去。四十四年の生涯を終えた。

伝記・評伝

鯨海酔侯 山内容堂 (中公文庫)

山内容堂 (人物叢書)

酔って候 (文春文庫)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA