楠本イネ

楠本イネ

概要

 楠本イネ(くすもといね)文政十年丁亥(ひのとい24)五月六日(1827年5月31日)生誕-明治三十六 (1903)年八月二十六日逝去(七十六歳)は、日本人女性で初めての産科医。

経歴

 文政十年丁亥(ひのとい24)五月六日(1827年5月31日)に楠本イネは長崎県長崎市銅座町で父・フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトと、母・瀧(お滝)の間に私生児として誕生する。

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト
長崎県長崎市銅座町

 父・シーボルトは文政十一年(1828年)に国禁となる日本地図や、数多くの日本国に関するオランダ語翻訳資料の国外持ち出しが発覚して(シーボルト事件)国外追放となる。

 シーボルトからイネの養育を託された二宮敬作は、天保元年(1833年)に宇和郡卯之町で町医者となりイネを呼び寄せ養育する。安政五年(1858年)に敬作は再び長崎へと赴き、開業医となる。イネは敬作から医学の基礎を学ぶ。石井宗謙から産科を学ぶ。長崎で軍艦製造の研究を行っていた村田蔵六(後の大村益次郎)からオランダ語を学ぶ。後年、益次郎が襲撃された後、蘭医ボードウィンの治療方針のもとで大村を看護して最期を看取る。

二宮敬作
大村益次郎

 安政六年(1859年)に父・シーボルトが再来日する。イネは長崎で父と再会して西洋医学(蘭学)を学ぶ。明治維新後の明治四年(1871年)に異母弟にあたるシーボルト兄弟(兄アレクサンダー、弟ハインリヒ)の支援で東京の築地に開業する。福沢諭吉の紹介で宮内省御用掛となる。

 イネは晧台寺(こうたいじ)墓所を守るため、東京の医院を閉鎖して長崎に帰郷する。イネは生涯独身だったが、石井宗謙との間に儲けた娘・高子(タダ)がいた。六十二歳の時に娘・高子一家と同居のため長崎の産院を閉鎖して再上京した。弟ハインリヒの世話となり余生を送る。

 明治三十六(1903)年八月二十六日に楠本イネは逝去。七十六年の生涯を終えた。

伝記・評伝

幕末の女医 楠本イネ-シーボルトの娘と家族の肖像

黎明のマルス: 幕末に生きた日本史上初の女医、楠本イネの軌跡

出島生まれのおイネさん―出島物語異聞


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA