佐竹義堯

佐竹義堯

概要

 佐竹義堯(さたけよしたか)文政八年乙酉(きのととり22)七月二十七日(1825年9月9日)生誕-明治十七(1884)年十月二十三日薨去(五十九歳)は、江戸時代末期の出羽国岩崎藩七代藩主。出羽国久保田藩十二代藩主。

経歴

 文政八年乙酉(きのととり22)七月二十七日(1825年9月9日)に佐竹義堯は陸奥国相馬中村藩主の相馬益胤(そうまますたね)の三男として誕生する。天保十年(1839年)に元服。名を相馬宗胤(むねたね)と名乗る。

 嘉永二年二月二十六日(1849年3月20日)に久保田新田藩(後の岩崎藩)主の佐竹義純の養子となる。それに伴い佐竹義核(よしざね)と改名する。同年四月二日(同年4月24日)に義純の娘と婚儀を行う。同年四月二十六日(同年5月18日)に十二代将軍徳川家宣に御目見えする。同年十月二十六日(同年12月10日)に義純の隠居により、佐竹壱岐守家の家督を相続して新田藩七代藩主となる。

徳川家宣

 安政四年七月一日(1857年8月20日)に久保田藩主の佐竹義睦(さたけよしちか)が病死したのに伴い、同年七月二十日(同年9月8日)に義核は末期養子(まつごようし)として佐竹宗家の家督を相続し、同藩の十二代藩主となる。佐竹義就(さたけよしたか)と改名する。文久二年(1862年)に佐竹義堯と改名した。

 安政六年(1859年)に義堯は久保田藩に帰国する。帰国後、男鹿半島にロシア汽船が入港する。義堯は攘夷せず、ロシア船員の薪の求めを許可した。久保田藩は財政事情が悪化しており、義堯は藩政改革に取り組む。自ら質素倹約に励み文武を奨励した。

 文久二年(1862年)に江戸に入府する。同年九月二十八日(同年11月19日)に十四代将軍徳川家茂に従い上洛する許可を得る。文久三年一月十二日(1863年3月1日)に江戸を出発し、同年一月二十七日(同年3月16日)に京都に到着する。同年二月九日(同年3月27日)に孝明天皇に拝謁する。

徳川家茂
孝明天皇

 文久三年十一月十五日(1863年12月25日)に将軍の上洛中に伴い、義堯は幕府から江戸の警備を命じられる。元治元年2月19日(1864年3月26日)に幕府から京都警備を命じられる。慶応二年十二月二十五日(1867年1月30日)に孝明天皇が崩御する。慶応三年一月九日(1867年2月13日)に明治天皇が践祚(せんそ)した。慶応三年八月十一日(1867年9月8日)に義堯は左中将に任官する。

明治天皇

 慶応三年十月十四日(1867年11月9日)に徳川慶喜は政権返上を明治天皇に奏上する(大政奉還)。義堯が江戸に逗留中の慶応三年十二月九日(1868年1月3日)に明治天皇より王政復古の大号令が発せられる。慶応四年一月(1868年2月)に義堯は久保田藩に帰藩する。

 慶応四年四月六日(1868年4月28日)に久保田藩は明治新政府から庄内藩征討と同年四月二十七日(同年5月19日)に会津藩征討の命令を受ける。奥羽越列藩同盟に加盟していた久保田藩は、澤らを弘前藩に追い払おうとしたが失敗し、澤らは領内に留まることになる。同年七月(同年8月)に奥羽鎮撫使総督の九条道孝が久保田藩領に到着する。

九条道孝

 九条道孝受け入れを責める仙台藩の使者を久保田藩の尊王派の藩士が殺害したことで、久保田藩は新政府側に与することになる。

 明治二年六月十七日(1869年8月4日)に版籍奉還後、義堯は久保田藩知事に任命される。明治四年七月十四日(1871年8月29日)に廃藩置県が施行され義堯は免職となり東京に転居する。

 明治十七(1884)年七月七日に義堯は侯爵となる。明治十七(1884)年)十月二十三日に佐竹義堯は薨去。五十九年の生涯を終えた。


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA