久邇宮朝彦親王

久邇宮朝彦親王

概要

 久邇宮朝彦親王(くにのみやあさひこしんのう)文政七年甲申(きのえさる21)二月二十七日(1824年3月27日)生誕 -明治二十四(1891)年十月二十五日薨去(六十七歳)は、皇族。伏見宮邦家親王(ふしみのみや くにいえしんのう)の第四王子。通称に中川宮(なかがわのみや)他多数。北朝第三代崇光天皇(すこうてんのう)の男系十五世子孫。香淳皇后の祖父。上皇(平成天皇)の曽祖父。今上天皇(令和天皇)の高祖父。

経歴

 文政七年甲申(きのえさる21)二月二十七日(1824年3月27日)に久邇宮朝彦親王は父・伏見宮邦家親王(ふしみのみやくにいえしんのう)と母・鳥居小路信子との間に誕生する。天保七年(1836年)に仁孝天皇(にんこうてんのう)の猶子(ゆうし)となり、天保八年(1837年)に親王宣下され成憲(なりのり)の名を下賜される。

仁孝天皇

 天保九年(1838年)に得度して尊応(そんおう)の諱を賜り、奈良興福寺塔頭の一乗院の門主となる。嘉永五年(1852年)に青蓮院(しょうれんいん)の第四十七世門主に就き、諱を尊融(そんゆう)と改める。その後、二百二十八世天台座主に就任する。

 朝彦親王は日米修好通商条約の勅許に反対し、徳川家定の将軍継嗣問題で一橋慶喜を支持したことなどから、安政六年(1856年)年に「隠居永蟄居」を命じられる。

 井伊直弼が暗殺され、親王は文久二年(1862年)に赦免され復帰した。親王は国事御用掛(こくじごようがかり)として朝政に参画する。文久三年(1863年)に還俗(げんぞく)する。

 公武合体派の領袖であった朝彦親王は、長州派公卿や尊攘討幕派の志士たちから嫌われた。急進的な倒幕と攘夷決行を唱える長州派公卿と長州藩を京から排除しようとして京都守護職を務める会津藩主・松平容保やこの時期会津藩と友好関係にあった薩摩藩と手を結び、孝明天皇から内意を引き出し、八月十八日の政変を起こす。

松平容保

 元治元年(1864年)に一部の尊攘派は、朝彦親王邸への放火や松平容保の襲撃を計画する。長州藩と長州派公卿との連絡役であった古高俊太郎に大量の武器を用意させる。しかし、計画途上で古高が新選組に捕らえられた。元治元年六月五日(1864年7月8日)の夜に関与していた者の多くが潜伏していた三条木屋町の旅館の池田屋で闘死および捕縛されました(池田屋騒動)。

 元治元年七月十九日(1864年8月20日)に京都を追放されていた長州藩勢力が、会津藩主の京都守護職松平容保らの排除を目指して挙兵して京都市中において市街戦を繰り広げまた(禁門の変)。激しい戦闘の結果、長州藩勢は敗北した。

 禁門の変後、長州藩は「朝敵」となる。元治元年七月二十三日(1864年8月24日)に朝廷は幕府へ対して長州追討の勅命を発した(第一次長州征討)。

 禁門の変で暴走した正義派の壊滅後、保守佐幕派(俗論派)は幕府への恭順を訴えた。周布政之助を失脚させ、奇兵隊はじめ諸隊へ解散令を出し、三家老を切腹させて幕府へ謝罪する。政敵である周布を自害へと追い込み、正義派の面々を大量に処刑した。

 この粛清に危機感を募らせた高杉晋作や伊藤俊輔(博文)らが元治元年十二月十五日(1865年1月12日)に功山寺で決起した。高杉らは諸隊を編成して下関から萩へと進撃して慶応元年一月(1865年2月)の絵堂の戦いによって形勢は逆転し、但馬に潜伏していた桂小五郎が帰国して、長州の藩論を再び、武備恭順、尊王、破約攘夷、倒幕路線に統一するに及び椋梨藤太は失脚する。

高杉晋作
伊藤俊輔

 薩摩藩が、公武合体の立場から幕府の開国路線を支持しつつ幕政改革を求めたのに対し、長州藩は急進的な破約攘夷論 を奉じて反幕的姿勢を強めるなど、両者は容易に相容れない立場にあった。

 慶応二年一月二十一日(1866年3月7日)に京都の小松帯刀邸で土佐藩脱浪人の坂本龍馬の仲介による藩薩摩藩と長州藩の同盟が締結される。この密約に基づいて薩摩藩は幕府による第二次長州征討に際し出兵を拒否することになる。

小松帯刀
坂本龍馬

 慶応二年六月七日(1866年7月18日)に幕府艦隊・真木清人の屋代島(周防大島)への砲撃が始まり、第二次長州征討が始まる。同年七月二十日(同年8月29日)に十四代将軍徳川家茂が薨去(こうきょ)する。幕府は実質的な敗北のもと長州藩と和睦した。慶応二年十二月二十五日( 1867年1月30日)に家茂の後を追うように孝明天皇が崩御する。慶応三年一月九日(1867年2月13日)に明治天皇が践祚し皇位継承をする。尊攘派公卿が逐次復権して朝彦親王らは朝廷内で急速に求心力を失う。

徳川家茂
孝明天皇
明治天皇

 慶応三年十月十四日(1867年11月9日)に徳川慶喜が明治天皇に政権返上を奏上し翌日、天皇が奏上を勅許する(大政奉還)。

徳川慶喜

 慶応三年十二月九日(1868年1月3日)に明治天皇が王政復古の大号令を発する。江戸幕府廃止され、新政府が樹立された。全ての討幕派と尊攘派公卿が復権する。朝彦親王は親王位を剥奪された。明治二年三月六日(1869年4月17日)に安芸国で幽閉される。

 朝彦親王は明治五(1872)年一月に謹慎を解かれ、伏見宮家の一員に復帰する。明治八(1875)年五月に新たに久邇宮(くにのみや)家を創設する。同年、伊勢神宮の祭主に就任した。明治十五年(1882年)に後の皇學館大学の母体である神宮皇學館を創始する。

 明治二十四(1891)年十月二十五日に久邇宮朝彦親王は薨去。六十七年の生涯を終えた。

関連書籍

朝彦親王日記 (1969年) (日本史籍協会叢書〈7-8〉)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA