広沢真臣

広沢 真臣

概要

 広沢真臣(ひろさわさねおみ)天保四年甲午(きのえうま31)十二月二十九日(1834年2月7日)生誕 -明治四年辛未(かのとひつじは8)一月九日(1871年2月27日)薨去(三十七歳)は、江戸時代末期の長州藩士、政治家。初名は直温。障岳。号は向山。維新の十傑の一人。長州藩の旗手。

経歴

 天保四年甲午(きのえうま31)十二月二十九日(1834年2月7日)に長州藩士・柏村安利の四男として誕生しました。弘化元年(1844年)に長州藩士・波多野直忠の婿養子となって波多野金吾と称しました。

 元治元年(1864)年に長州藩は禁門の変、下関戦争、第一次長州征討と災難が続きました。藩内の政権闘争で主戦派(正義派)が恭順派(俗論派)に敗れた結果、波多野も投獄されたものの、正義派でなかったために処刑を免れました。慶応元年(1865年)に高杉晋作らの正義派(主戦派)がクーデターによって藩の実権を掌握すると、中間派であった波多野が政務役として藩政に参加することになりました。波多野は藩命によって広沢藤右衛門と改名し、さらに広沢兵助と改名しました。

高杉晋作

 慶応二年(1866年)の第二次征長の講和交渉では、広沢は幕府側の勝海舟と安芸厳島で交渉しました。同年に坂本龍馬や薩摩の五代友厚と会談して「商社示談箇条書」を作成し薩長国産貿易商社の設立に尽力しました。倒幕活動を推進した。

勝海舟
坂本龍馬
五代友厚

 維新政府の発足後は、参与や海陸軍、東征大総督参謀を務めました。その後、内国事務掛や京都府御用掛、参議を歴任しました。民部大輔や参議の要職を務めました。

 広沢真臣は明治四年一月九日(1871年2月27日)に東京府麹町富士見町私邸での宴会後の深夜、刺客の襲撃によって暗殺されました。三十七年の生涯を終えました。

広沢真臣日記 (復刻版)

参議暗殺 (双葉文庫)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA