周布政之助

周布政之助

概要

 周布政之助(すふまさのすけ)文政六年癸未(みずのとひつじ20)三月二十三日(1823年5月3日)生誕 -元治元年九月二十六日(1864年10月26日)逝去(四十一歳)は、江戸時代末期の長州藩士。政之助は通称。諱は兼翼(かねすけ)。変名に麻田公輔、松岡敬助などがある。

経歴

 文政六年癸未(みずのとひつじ20)三月二十三日(1823年5月3日)に周布政之助は周布吉左衛門兼正と村田伝左衛門信嘉の娘竹の五男として誕生する。父と長兄が相次いで逝去したことによる末期養子(まつごようし)で生後六ヵ月に家督を相続する。

 弘化四年(1847年)年に祐筆の椋梨藤太(むくなしとうた)の添役として抜擢される。文久二年(1862年)年頃に藩論の主流となった長井雅楽(ながいうた)の航海遠略策(こうかいえんりゃくさく)に藩の経済政策の責任者として同意したが、久坂玄瑞(くさかげんずい)ら松下村塾の藩士らに説得されて藩論統一のために攘夷を唱える。

長井 雅楽
久坂 玄瑞

 周布政之助は保守佐幕派(俗論派)の代表的人物であった椋梨藤太の元添役だった。しかし政之助は長州藩の改革派(正義派)となり、椋梨の陣営と藩内の主導権争いを繰り広げた。

 元治元年(1864年)年に高杉晋作とともに長州藩士の暴発を抑えようとするが失敗する。その結果、禁門の変や第一次長州征討に際しても事態の収拾に奔走したが、次第に椋梨ら反対派に実権を奪われることになる。

高杉晋作

 椋梨は政敵である政之助を自害へと追い込み、正義派の面々を大量に処刑していく。元治元年九月二十六日(1864年10月26日)に庄屋の吉富藤兵衛(よしとみとうべえ)邸にて政之助は切腹する。周布政之助は四十一年の生涯を終えた。

伝記・評伝

偉人周布政之助翁伝 (1984年)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA