長井雅楽

長井雅楽

概要

 長井雅楽(ながいうた)文政二年己卯(つちのとう16)五月一日(1819年6月22日)生誕-文久三年二月六日(1863年3月24日)逝去(四十三歳)は、江戸時代末期の長州藩士。役職は直目付。一般的な呼び名である雅楽は通称。諱は時庸(ときつね)。

経歴

 文政二年己卯(つちのとう16)五月一日(1819年6月22日)に長井雅楽は萩城下で長州藩士大組士中老の父・長井次郎右衛門泰憲の長男として誕生する。四歳の時に父が病死したため、家督を継ぐ。

 長井は藩校明倫館で学び、長州藩の第十三代藩主毛利敬親(慶親)の小姓、奥番頭となる。聡明な長井は敬親から厚い信任を受け、敬親の世子である毛利定広の後見人となった。安政五年(1858年)に長州藩の重役である直目付となる。

明倫館
毛利敬親(慶親)

 長井は開国論者であったため、文政元年(1861年)に公武一和に基づいた「航海遠略策(こうかいえんりゃくさく)」を藩主に建白した。朝廷や幕府の公武合体派にこれを歓迎され正式に幕府に建白して公武の周旋を依頼される。

 長井は藩内の吉田松陰とその門下生が主流である尊王攘夷派とは対立関係にあった。安政の大獄により松陰が捕縛され、江戸護送に対して強硬な対抗策を取らなかったため、後に松陰の弟子である久坂玄瑞(くさかげんずい)や前原一誠らに暗殺を計画される。

吉田松陰
久坂玄瑞
前原一誠

 文久二年一月十五日(1862年2月13日)に老中の安藤信正が尊攘派の水戸浪士6人により襲撃され負傷した(坂下門外の変)。この事件により公武合体を進めていた老中の安藤信正と同じく老中の久世広周(くぜひろちか)が失脚して藩内で攘夷派が勢力を盛り返し、長井の排斥運動が激しくなる。

安藤信正
久世 広周

 長井は坂下門外の変から2カ月後の文久二年三月(1862年4月)に上洛して朝廷に航海遠略策を説明したが、岩倉具視らの工作により長井の説は朝廷を誹謗するものとして聞き入れなかった。長井は敬親により帰国謹慎を命じられ、切腹を命じられた。その後藩論が二分され、内乱が起きることを憂いて長井は切腹を受け入れた。

岩倉具視

 文久三年二月六日(1863年3月24日)に萩城下で土原(ひじはら)の自邸にて切腹を果す。長井雅楽は四十三年の生涯を終えた。

伝記・評伝

耐えてそうろう 幕末意外史 長井雅楽にとっての明治維新


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA