岩瀬忠震

概要

 岩瀬忠震(いわせただなり)文政元年戊寅(つちのえとら15)十一月二十一日(1818年12月18日)生誕-文久元年七月十一日(1861年8月16日)逝去(四十二歳)は、江戸時代末期の幕臣。列強との折衝に尽力し、水野忠徳、小栗忠順と共に「幕末三俊」と顕彰された。

水野忠徳
小栗忠順

経歴

 文政元年戊寅(つちのえとら15)十一月二十一日(1818年12月18日)に岩瀬忠震は江戸芝愛宕下西久保で旗本の父・設楽貞丈と林述斎(林家の大学頭)の娘の母との三男として誕生する。おじに鳥居耀三と林復斎がいる。

 天保十一年(1840年)に岩瀬忠正の婿養子となり、岩瀬家の家督を相続した。天保十四(1843年)に昌平坂学問所大試乙科に合格する。成績が優秀により褒美を受ける。

 嘉永七年一月二十二日(1854年2月19日)に老中首座の阿部正弘に才能を見出されて目付に昇任する。その後講武所、蕃書調所(蛮書調所 / ばんしょしらべしょ)、長崎海軍伝習所の開設や軍艦、品川の砲台の築造に尽力した。

阿部正弘

 安政五年六月十九日(1858年7月29日)に忠震はアメリカの総領事タウンゼント・ハリスと交渉して条約締結に臨み、日米安保条約を井上清直と共に署名する。同年七月八日(同年8月16日)に外国奉行に昇進した。

タウンゼント・ハリス

 徳川家定の将軍継嗣問題で、忠震は一橋派に所属していたため南紀派の大老井伊直弼により作事奉行に左遷された。安政六年(1859年)に蟄居の処分を命じられる。

井伊直弼

 蟄居中、江戸向島の岐雲園で書画の生活に専念する。文久元年七月十一日(1861年8月16日)に忠震は幕臣に復帰せず逝去。岩瀬忠震は四十二年の生涯を終えた。

岐雲園跡

伝記・評伝

岩瀬忠震:五州何ぞ遠しと謂わん (ミネルヴァ日本評伝選)

岩瀬忠震―日本を開国させた外交家 (中公新書 630)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA