永井尚志

永井尚志

概要

 永井尚志(ながいなおゆき)文化十三年丙子(ひのえね13)十一月三日(1816年12月21日)生誕-明治二十四(1891)年七月一日逝去(七十四歳)は江戸時代末期の旗本。幕臣。幼名は岩之丞。号は介堂。

経歴

 文化十三年丙子(ひのえね13)十一月三3日(1816年12月21日)に永井尚志は三河国奥殿藩(おくとのはん)五代藩主・松平乗尹(まつだいらのりただ)と乗尹の側室の間に誕生する。尚志は乗尹の晩年に生まれた子で、既に家督は養子に譲っていた。尚志は二十五歳の頃に旗本の永井尚徳の養子となる。

 嘉永元(1847年)年に尚志は昌平坂学問書学問吟味に合格する。嘉永六年(1853年)に有能な人物と認められ、目付として幕府から登用される。安政元年(1854年)に長崎海軍伝習所(ながさきかいぐんでんしゅうじょ)の総監理(所長)として長崎に赴任した。長崎製鉄所の創設に着手するなど活躍する。安政五年(1858年)にそれまでの功績を賞されて呼び戻され、岩瀬忠震(いわせただなり)と共に外国奉行に任命される。

長崎製鉄所
岩瀬 忠震

 尚志はロシア、イギリス、フランスとの交渉を務め、通商条約調印を行なう。その功績で軍艦奉行に転進する。尚志は将軍後継者争いで一橋派に所属していたため、南紀派の大老井伊直弼により職を罷免され失脚した。

井伊直弼

 尚志は直弼暗殺の文久二年(1862年)に京都町奉行として復帰する。元治元年(1864年)に大目付に就任する。文久三年八8月十八日(1863年9月30日)の八月十八日の政変(はちがつじゅうはちにちのせいへん)や元治元年七月十九日(1864年8月20日)の禁門の変(きんもんのへん)では幕府側の使者として朝廷と交渉し、交渉能力で手腕を発揮した。慶応三年(1867年)に若頭に出世する。

 大政奉還においても尚志は交渉能力を発揮した。鳥羽伏見の戦い後は徳川慶喜に従って江戸に戻る。徳川家の駿府転封が決まった後は榎本武明と行動を共にして蝦夷地へ渡り、旧幕府軍の箱館奉行に就任する。旧幕府軍は半年あまりの戦いの末、明治二年五月十八日(1869年6月27日)に榎本ら幹部は降伏し、箱館戦争及び戊辰戦争は終結した。

箱館奉行所
徳川慶喜
榎本武明

 明治五年一月十二日(1872年2月20日)に尚志は明治政府に出仕し、開拓使御用係、左院小議官を経て、明治八(1875)年七月十二日に元老院権大書記官に任じられる。

 明治二十四(1891)年七月一日に永井 尚志は七十四年の生涯を終えた。

伝記・評伝

永井尚志:皇国のため徳川家のため (ミネルヴァ日本評伝選)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA