大久保忠寛(一翁)

 大久保 忠寛

概要

 大久保忠寛(おおくぼただひろ)隠居後は大久保一翁(おおくぼいちおう) 文化十四年戊寅(つちのえとら15)十一月二十九日(1818年1月5日)生誕-明治二十一(1888)年七月三十一日薨去(七十歳)は、江戸時代末期から明治時代にかけての幕臣。東京府知事。子爵。

 文化十四年戊寅(つちのえとら15)十一月二十九日(1818年1月5日)に大久保忠寛(一翁)は旗本の父・大久保忠尚の子として誕生する。

 忠寛は第11代将軍・徳川家斉の小姓を勤め、天保十三年(1842年)に家督を相続する。老中の阿部正弘に早くから見出されて安政元年(1854年)に目付及び海防掛に任じられる。

徳川家斉
阿部正弘

 忠寛は勝海舟の能力を見出し、海舟を阿部正弘に推挙して登用させた。安政三(1856年)に軍制改正用掛、外国貿易取調掛、蕃書調所(蛮書調所 / ばんしょしらべしょ)頭取などを歴任し、駿府町奉行や京都町奉行を務める。

勝海舟

 安政四年六月十七日(1857年8月6日)に老中の阿部正弘が病気により逝去する。安政五年四月二十三日(1858年6月4日)に溜詰筆頭の井伊直弼が大老に就任した。

井伊直弼

 直弼が大老に就任すると、一橋派弾圧(安政の大獄)のために忠寛は直弼から京都に潜伏する志士の逮捕を命じられる。しかし忠寛は安政の大獄には否定的な見解をもち、直弼の厳しすぎる処分に反対した。志士の逮捕で横暴を振るっている部下を厳重に処罰した忠寛は、直弼から志士の逮捕を怠っていると評定され、京都奉行職を罷免させられる。

 安政七年三月三日(1860年3月24日)に井伊直弼が桜田門外で暗殺された。忠寛は直弼の死後、幕府より復帰を許されて再び幕政に参与した。外国奉行、大目付、御側御用取次(おそばごようとりつぎ)などの要職を歴任する。

 忠寛は政権を朝廷に返還することを提案し、第15代将軍となった徳川慶喜に大政奉還と、諸大名特に雄藩を中心とした議会政治や公武合体を推進した。

徳川慶喜

 慶応四年一月三日(1868年1月27日)に鳥羽伏見の戦いを初戦として、戊辰戦争が勃発する。慶応四年三月六日(1868年3月29日)の軍議で新政府軍は江戸城総攻撃を同年三月十五日(同年4月7日)と決議した。

 忠寛は勝海舟や山岡鉄舟らと共に江戸城の無血開城に尽力する。新政府軍は江戸城総攻撃を中止して江戸城無血開城に至る。明治二年五月十八日(1869年6月27日)に箱館戦争において土方歳三は戦死し、榎本武揚らは新政府軍に降伏して戊辰戦争は終結した。

山岡鉄舟
土方歳三
榎本武揚

 明治二年八月20二十日(1869年9月25日)に大久保忠寛は静岡藩権大参事に就き、藩政務輔翼の任にある。明治五年五月二十五日(1872年6月30日)に第五代東京府知事に就任する。

 明治二十一(1888)年七月三十一日に薨去。大久保一翁は七十年の生涯を終えた。

伝記・評伝

最後の幕臣―小説大久保一翁


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA