島義勇

島義勇

概要

 島義勇(しまよしたけ)文政五年壬午(みずのえうま19)九月十二日(1822年10月26日)生誕-明治七(1874)年四月十三日逝去(五十一歳)は、江戸時代末期から明治にかけての佐賀藩士、官吏。札幌市の都市開発に関わり、「北海道開拓の父」と呼ばれている。佐賀の七賢人の一人。

経歴

 文政五年壬午(みずのえうま19)九月十二日(1822年10月26日)に島義勇は肥前国佐賀城下の精小路(現、佐賀県佐賀市与賀町)で佐賀藩士の父・島市郎右衛門と母つねの長男として誕生する。母つねの妹の喜勢は、枝吉神陽と副島種臣の母に当たる。

枝吉神陽
副島種臣

 文政十三年(1830年)に藩校弘道館で学ぶ。天保十五年(1844年)に家督を継ぐ。諸国を遊学して佐藤一斎、藤田東湖、林桜園(はやしおうえん)らに学ぶ。

佐藤一斎
藤田東湖

 安政四年(1856年)年に藩主の鍋島直正の命で、箱館奉行の堀利煕(ほりとしひろ)の近習となり、蝦夷地と樺太を探検調査して『入北記』という記録を残す。安政五年(1858年)年に帰藩して御蔵方、同組頭から香焼島守備隊長となる。

鍋島直正

 明治二年五月十八日(1869年6月27日)に箱館戦争が終結する。新政府は佐賀藩主の鍋島直正を蝦夷開拓督務に任命する。島義勇は蝦夷地に通じているということで蝦夷開拓御用掛に任命され、開拓判官に就任する。ほぼ無人の原野の札幌に「五州第一の都」(世界一の都)を造るという壮大な構想を描き、京都や故郷の佐賀などを念頭に置いて、碁盤の目のような整然とした町並みを目指し工事が進められた。

 義勇は明治天皇の詔により東京で北海道鎮座神祭が行われ、北海道開拓の守護神として開拓三神が鎮祭され、祭政一致の建前から神を祀る事を命ぜられる。義勇は北海道に渡る際、神祗官から開拓の三神を授けられ、単身開拓三神を背負って陸路札幌に向かい、到着後札幌市内に仮宮殿を設けた。神社予定地は札幌市北5条東1丁目に仮宮殿を設け開拓三神を祀り一の宮とした。

 明治二年八月二十五日(1869年9月30日)に鍋島直正に代わり東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)が2代目開拓長官に就任する。。厳冬酷寒の雪国での都市建設は多額の費用と労力と困難を要した。義勇は東久世通禧と予算をめぐり衝突した。結局、義勇は明治三年一月十九日(1870年2月19日)に志半ばで職を解任される。

東久世 通禧

 明治七年(1874年)に佐賀に帰郷する。憂国党の党首に担がれ、江藤新平と共に佐賀の乱を起こす。義勇の憂国党は佐賀の乱で敗れる。鹿児島の島津久光を頼り、大久保利通に助命の旨を取り次いでもらうが受け入れられなかった。明治七(1874)年四月十三日に斬首される。島義勇は五十一年の生涯を終えた。

島津久光
大久保利通

伝記・評伝

島義勇 (佐賀偉人伝)

島義勇伝

小説島義勇―サッポロを創った男


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA