大村益次郎(村田蔵六)

大村益次郎

概要

 大村益次郎(おおむらますじろう)文政七年甲申(きのえさる21)五月三日(1824年5月30日)生誕-明治二年己巳(つちのとみ6)十一月五日(1869年12月7日)薨去(四十五歳)は、江戸時代末期の長州藩の医師、西洋学者、兵学者。維新十傑。

経歴

 文政七年甲申(きのえさる21)五月三日(1824年5月30日)に大村益次郎は周防国吉敷郡鋳銭司村字大村(現、山口県山口市鋳銭司)で村医の村田孝益と妻のうめの長男として誕生する。

 天保十三年(1824年)年にシーボルトの弟子の梅田幽斎から医学や蘭学を学び、天保十四年四月七日(1843年5月6日)に梅田の勧めで豊後国日田の広瀬淡窓の私塾・咸宜園(かんぎえん)に入門する。

咸宜園

 弘化三年(1846年)に大坂の適塾に入塾する。適塾の塾頭となる。嘉永三年(1850年)に父親に請われて帰郷し四辻で開業して村医となる。村田良庵と名乗る。

適塾

 嘉永六年六月三日(1853年7月8日)にアメリカ東インド艦隊司令長官マシュー・ペリーが浦賀に入港する。黒船来航により蘭学者の知識が求められる時代となり、村田蔵六は宇和島藩の高名な蘭学者の二宮敬作を訪ねる。

マシュー・ペリー
二宮敬作

 宇和島に到着した蔵六は、二宮や藩の顧問格であった僧晦厳や高野長英門下で蘭学の造詣の深い藩士・大野昌三郎らと知り合い、一級の蘭学者として藩主に推挙される。

 蔵六は宇和島藩で西洋兵学や蘭学の講義と翻訳を手がけ、宇和島城北部に樺崎砲台を築く。安政元年(1854年)に蔵六は二宮敬作と長崎へ赴いて軍艦製造の研究を行う。敬作からシーボルトの娘で産科修行をしていた楠本イネを紹介されて蘭学を教える。

楠本イネ

 安政三年四月(1856年5月)に藩主伊達宗城の参勤にしたがって、蔵六は江戸に随行する。同年十一月一日(同年11月28日)に私塾「鳩居堂」を麹町に開塾して蘭学、兵学、医学を教えた。

伊達宗城

 宇和島藩御雇の身分のまま幕府の蕃書調所( ばんしょしらべしょ)教授方手伝となり、外交文書や洋書翻訳のほか兵学講義、オランダ語講義などを行う。安政四年十一月十一日(1857年12月26日)に築地の幕府講武所教授となり、最新の兵学書の翻訳と講義を行う。

 安政五年三月十九日(1858年5月2日)に長州藩上屋敷で開催された蘭書会読会に参加し兵学書の講義を行う。このとき桂小五郎(木戸孝允)と知り合う。万延元年(1860年)に長州藩の要請により江戸在住のまま長州藩士となる。塾の場所も麻布の長州藩中屋敷に移る。

桂小五郎(木戸孝允)

 文久二年(1862年)に幕府から委託されて英語、数学を教えていたヘボンのもとで学ぶ。江戸滞在時に箕作阮甫(みつくりげんぽ)大槻俊斎(おおつきしゅんさい)桂川甫周(かつらがわほしゅう)福澤諭吉(ふくざわゆきち)大鳥圭介(おおとりけいすけ)などの蘭学者や洋学者との付き合いがあった。

ジェームス・カーティス・ヘボン
福澤 諭吉
大鳥 圭介

 文久三年十月二十四日(1863年12月4日)に萩へ帰藩した蔵六は手当防御事務用掛に任命される。元治元年二月二十四日(1864年3月30日)に兵学校教授役となる。長州藩の山口明倫館で西洋兵学の講義を行う。同年五月十日(同年6月13日)から鉄煩御用取調方として製鉄所建設に取りかかるなど、攘夷の動きに合わせるかのように軍備関係の仕事に邁進した。

 慶応元年十二月十二日(1866年1月28日)に藩命で名を村田蔵六から大村益次郎に変える。

 慶応二年六月七日(1866年7月18日)に幕府艦隊が屋代島(周防大島)への砲撃が始まり、第二次長州征討が勃発する。益次郎は石州口方面の実戦指揮を担当した。その戦術は最新の武器と巧妙な用兵術に加え、無駄な攻撃を避け、相手の自滅を誘ってから攻撃を加えるという合理的なもので、旧態依然とした戦術に捉われた幕府側をことごとく撃破するなど、益次郎の軍事的才能が遺憾なく発揮された。

 慶応三年十月十四日(1867年11月9日)徳川慶喜は明治天皇へ政権返上を奏上し翌十月十五日(11月10日)に天皇が奏上を勅許する。慶応三年十二月九日(1868年1月3日)に明治天皇より王政復古の大号令が発せられ、江戸幕府は廃止となる。

徳川慶喜
明治天皇

 明治二年五月十八日(1869年6月27日)に榎本武揚らは新政府軍に降伏し戊辰戦争は終結した。益次郎は戊辰戦争での功績により新政府の幹部となる。

 益次郎と木戸孝允は「農兵論(一般徴兵論)」を主張した。薩摩の大久保利通は「藩兵論」を主張した。議論の結果、益次郎の主張するプランは凍結することに決定する。

 益次郎は軍事施設視察と建設予定地の下見のため京阪方面に出張した。木戸孝允らはテロの危険性を憂慮し出張に反対する。明治三年九月四日(1869年10月8日)夕刻、益次郎は京都三条木屋町上ルの旅館で会食中、元長州藩士ら8人の刺客に襲われる。同年十一月五日(同年12月7日)に襲われた傷がもとで大村益次郎は薨去。四十五年の生涯を終えた。

伝記・評伝

大村益次郎伝

大村益次郎史料

週刊 日本の100人 大村益次郎


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA