徳川家定

徳川 家定

概要

徳川家定(とくがわいえさだ)文政七年甲申(きのえさる21)四月八日(1824年5月6日)生誕-安政五年七月六日(1858年8月14日)薨去(三十三歳)は、江戸幕府第十三代征夷大将軍。

経歴

 文政七年甲申(きのえさる21)四月八日(1824年5月6日)に徳川家定は江戸城で第十二代将軍徳川家慶の四男として誕生する。幼少のころから虚弱だった。

徳川家慶

 嘉永六年六月三日(1853年7月8日)17時にアメリカ合衆国東インド艦隊司令官のマーシュ・ペリー率いる黒船4隻が浦賀沖に現れ、停泊した。家定は同年六月二十二日(同年7月27日)に十二代将軍徳川家慶が薨去したことを受け、二十八歳で十三代将軍に就任する。

マーシュ・ペリー

 国難の中、老中首座の阿部正弘が朝廷や御三家、親藩、譜代、外様を含む体制で将軍家定を支える。安政三年十一月(1856年12月)に公武合体派の公卿の右大臣・近衛忠煕の養女・藤原敬子(篤姫)が家定の正室として輿入れする。

阿部正弘
篤姫

 安政四年六月十七日(1857年8月6日)に阿部正弘が急死する。その後は開国派の堀田正睦が老中首座として家定を支える。家定と篤姫の間には実子はなかった。このため、家定の将軍在職中から後継者争いはすでに起こっていた。

堀田正睦

 家定の後継者候補として、南紀派の井伊直弼らが推薦する紀伊藩主・徳川慶福(徳川家茂)と、一橋派の島津斉彬や徳川斉昭らが推す一橋慶喜(徳川慶喜)の両派が互いに将軍継嗣をめぐって争う。

井伊直弼
徳川慶福(徳川家茂)
島津斉彬
徳川斉昭
一橋慶喜(徳川慶喜)

 安政五年四月二十三日(1858年6月4日)に溜詰筆頭の井伊直弼が大老職に就任する。同年六月二十五日(同年8月4日)に家定は諸大名を招集して徳川慶福を将軍継嗣にするという意向を伝える。同年七月五日(同年8月13日)に一橋派の諸大名の処分を発表した。

 安政五年七月六日(1858年8月14日)に徳川家定は急病により薨去。33年の生涯を終えた。

関連書籍

徳川幕府 歴代将軍ランキング


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA