枝吉神陽

枝吉神陽

概要

 枝吉神陽(えだよししんよう)文政五年壬午(みずのえうま19)五月二十四日(1822年7月12日)生誕 -文久二年八月十四日(1862年9月8日)逝去(四十歳)は、江戸時代末期の佐賀藩の思想家。国学者。藩校弘道館の教諭。本名は経種。

経歴

 文政五年壬午(みずのえうま19)五月二十四日(1822年7月12日)に枝吉神陽は佐賀藩の藩校・弘道館の教授であった父・枝吉南濠種彰の長男として誕生する。副島種臣は実弟。

副島種臣

 神陽は二十歳のときに江戸の昌平坂学問所(しょうへいざかがくもんじょ)に学ぶ。儒教や朱子学の教えに疑問を抱いており、国学を学ぶことを志す。

昌平坂学問所

 神陽は二十六歳で帰郷してから、弘道館の教諭や什物方などを務める傍ら、父・南濠の唱えた「日本一君論」を受け継ぎ勤王運動を行う。天皇を中心とした政治体制である律令制などの知識を伝授するなど、藩論を尊王倒幕に導く。藩主の鍋島直正の賛同を得られず失敗した。

鍋島直正

 嘉永三年(1850年)に神陽は「義祭同盟」を結成する。実弟の枝吉次郎(副島種臣)、大隈重信、江藤新平、大木 喬任、島義勇、久米邦武ら明治維新に大きな影響を与えた人材を多数輩出した。神陽は「佐賀の吉田松陰」とも称され、水戸の藤田東湖と並び「東西の二傑」と称されている。

吉田松陰
藤田東湖

 神陽の妻がコレラに罹患して看病するうち、自身も罹患して文久二年八月十四日(1862年9月8日)に枝吉神陽は逝去。四十年の生涯を終えた。

関連書籍

枝吉神陽先生遺稿


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA