松浦武四郎

松浦武四郎

概要

 松浦武四郎(まつうら たけしろう)文化十五年戊寅(つちのえとら15)二月六日(1818年3月12日)生誕 -明治二十一(1888)年二月十日逝去(六十九歳)は、江戸時代末期から明治にかけての探検家、浮世絵師、著述家、好古家。名前は竹四郎とも表記す。諱は弘。雅号は北海道人(ほっかいどうじん)、多気志楼など多数。蝦夷地を探査し、北加伊道という名前を考案した。

経歴

 文化十五年戊寅(つちのえとら15)二月六日(1818年3月12日)に松浦武四郎は伊勢国一志群須川村(現、三重県松坂市小野江町)で庄屋の父・松浦桂介と母・とく子の四男として誕生する。

 武四郎は十三歳から3年間、漢学者の平松楽斎のもとで学び、山本亡羊のもとで本草学を学ぶ。十六歳から日本国内の諸国をめぐる。

 天保九年(1838年)年に平戸へ行き僧侶となる。親兄弟が亡くなり天涯孤独になったのを契機として弘化元年(1844年)還俗(げんぞく)して蝦夷地探検に出発する。

 探査は北海道の他、択捉島や樺太まで及ぶ。蝦夷では頼山陽の三男の儒学者・頼三樹三郎(らいみきさぶろう)と旅することもあった。安政二年(1855年)に江戸幕府から「蝦夷御用御雇」に抜擢される。

 明治二(1869年)六月に「蝦夷開拓御用掛」に就任する。蝦夷地を「北加伊道」(「北海道」)と命名した。

 蝦夷開拓御用掛引退後は著述や全国歴遊で過す。明治二十一(1888)年二月十日に東京神田五軒町の自宅で脳溢血により逝去。松浦武四郎は六十九年の生涯を終えた。

伝記・評伝

北海道と名づけた男 松浦武四郎の生涯

松浦武四郎 入門: 幕末の冒険家

松浦武四郎北の大地に立つ

幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎 ー見る、集める、伝えるー


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA