吉田東洋

吉田東洋

概要

 吉田東洋(よしだとうよう)文化十三年丙子(ひのえね13)(1816年)生誕-文久二年四月八日(1862年5月6日)逝去(四十六歳)は、江戸時代末期の土佐藩士。諱(いみな)は正秋。号は東洋。後藤象二郎は義理の甥にあたる。

後藤象二郎

経歴

 文化十三年(1816年)に吉田東洋は高知城下帯屋町で土佐藩上士・吉田光四郎正清の四男として誕生する。文政六年(1823年)に兄の早世によって嗣子となる。天保十二年(1841年)に父・正清の死去により家督を相続する。

高知城

 天保十三(1842)年九月に船奉行として出仕する。同年十一月に群奉行に転じて民政に携わる。東洋は十三代藩主・山内豊熈(やまうちとよてる)の進める藩政改革に参与し、飢饉に備えた藩営備蓄の「済農倉」設立を進言した。

 嘉永元年七月二十五日(1848年8月23日)に吉田の妻・琴の義理の兄・後藤正晴が病死する。正晴の遺児の後藤保弥太(後の後藤象二郎)を東洋は父親代わりになり養育する。

 嘉永元(1848)年十二月に藩主・豊熈の死去に伴って無役となる。嘉永四年(1851年)に東洋は近畿地方を遊歴して見分を広める。嘉永六(1853)年七月に十五代藩主・山内豊信(容堂)によって大目付に抜擢される。

山内豊信(容堂)

 安政三(1855)年三月に参勤交代によって江戸勤務となる。江戸で藤田東湖、塩谷宕陰(しおのやとういん)、安井息軒らと親交を結ぶ。東洋は酒宴で旗本殴打事件を引き起こして罷免される。さらに家禄を150石に減らされたうえ、帰郷して隠居を命じられる。

藤田東湖
塩谷 宕陰
安井息軒

 帰郷して隠居後、高知郊外に私塾の少林塾を開塾して後藤象二郎、板垣 退助、岩崎弥太郎らの若手藩士に教授した。やがて彼らが「新おこぜ組」と称される一大勢力となり、幕末期の土佐藩の動向に大きな影響を与えた。 

板垣 退助
岩崎弥太郎

 安政四(1857)年一月に東洋は赦免を解かれ参政として藩政に復帰する。門閥打破・殖産興業・軍制改革・開国貿易等、富国強兵を目的とした改革を遂行する。このような革新的な改革は保守的な門閥勢力や尊王攘夷を唱える土佐勤王党との政治的対立を生じさせる結果となった。

 文久二年四月八日(1862年5月6日)に帰邸途中の帯屋町で武市半平太の指令を受けた土佐勤王党の那須信吾、大石団蔵、安岡嘉助によって暗殺される。吉田東洋は四十六年の生涯を終えた。

伝記・評伝

吉田東洋 (人物叢書)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA