井伊直弼

井伊直弼

概要

 井伊直弼(いいなおすけ)文化十二年乙亥(きのとゐ12)十月二十九日(1815年11月29日)生誕-安政七年三月三日(1860年3月24日)逝去(四十四歳)は、江戸時代末期の譜代大名。近江彦根藩の第十五代藩主。大老。幼名は鉄之介(てつのすけ)、後に鉄三郎(てつさぶろう)。諱は直弼(なおすけ)。雅号には、埋木舎(うもれぎのや)、柳王舎(やぎわのや)、柳和舎(やぎわのや)、緑舎(みどりのや)、宗観(そうかん)、無根水(むねみ、異体字:无根水)がある。大獄を行って以降は井伊の赤鬼(いいのあかおに)の渾名で呼ばれた。

経歴

 文化十二年乙亥(きのとゐ12)十月二十九日(1815年11月29日)に井伊直弼は近江国犬上郡(現、滋賀県彦根市)の彦根城二の丸で彦根藩第十三代藩主の父・井伊直中と側室の母・君田富(お富の方)の十四男として誕生する。

彦根城

 父・直中の死後、三の丸尾末町の屋敷に移り自らを花の咲くことのない埋もれ木に例え「埋木舎(うもれぎのや)」と名付けた邸宅で十七歳から三十二歳までの15年間を300俵の部屋住みとして過ごした。

埋木舎

 弘化三年(1846年)井伊直中の三男の第十四代藩主井伊直亮(いいなおあき)の養嗣子となっていた直中の十一男の直元が死去したため、直弼は直亮の養子という形で彦根藩の後継者に決定する。

 直弼は世子として江戸に住み、弘化三年十二月十六日(1847年2月1日)に従四位下侍従兼玄蕃寮(じゅしいげじじゅうけんげんばりょう)に叙任する。

 嘉永三年十一月二十一日(1850年12月24日)に直亮の死去を受け家督を継ぎ、第十五代藩主とる。嘉永三年十二月二十七日(1851年1月28日)に玄蕃頭から掃部頭(かもんのかみ)に遷任した。

 嘉永四年六月十一日(1851年7月9日)に直弼は藩主として彦根に初入部する。帰国した直弼は嘉永四年九月十五日(1851年10月9日)からの5日間で愛知郡、神崎郡の村々を巡見した。以降、領内巡見は直弼が在国時の恒例となる。領内巡見は9回行われ領内のほぼ全域を見分した。

 嘉永五年(1852年)に丹波亀山藩主松平信豪の次女昌子貞鏡院(ていきょういん)を正室に迎えた。

 嘉永六年六月八日(1853年7月18日)に直弼は彦根で黒船来航の一報を受け、嘉永六年七月二十四日(1853年8月28日)に江戸へ出発する。

黒船来航

 直弼は老中首座の阿部正弘から意見を求められ、嘉永六年八月十日(1853年9月12日)の1回目の意見書で鎖国を主張した。しかし、嘉永六年八月二十九日(1853年10月1日)の2回目の意見書では一転して現状での鎖国の維持は無謀とし、積極的な交易と開国を主張する。

阿部正弘

 阿部正弘は、幕政を従来の譜代大名中心から雄藩藩主(徳川斉昭、松平慶永ら)との連携方式に移行させ、斉昭を海防掛顧問(外交顧問)として幕政に参与させた。斉昭は攘夷を強く主張する。しかし攘夷は開国派であった溜詰筆頭の直弼としては許しがたいものだった。直弼ら溜詰諸侯と阿部正弘や徳川斉昭の対立は、日米和親条約の締結をめぐる江戸城西湖の間での討議で頂点に達した。

                     徳川斉昭
松平慶永(春嶽)

 安政二年六月三十日(1855年8月12日)に徳川斉昭は松平忠優と松平乗全の老中免職を要求した。阿部正弘はやむなく斉昭に屈服して安政二年八月四日(1855年9月14日)に乗全と忠優は老中職を解任される。

松平忠優
松平乗全

 乗全と忠優の両者罷免後に幕府内での孤立を深めた阿部正弘は、安政二年十月九日(1855年11月18日)に前老中・堀田正篤を老中に再任させ老中首座に据えた。

堀田 正睦

 安政四年六月十七日(1857年8月6日)に阿部正弘が逝去する。堀田正睦は直ちに松平忠固を老中に再任し、溜詰の意向を反映した堀田正睦と松平忠固の連立幕閣が形成された。

 病弱の十三代将軍・徳川家定は朝廷から鷹司政熙(たかつかさまさひろ)の娘・鷹司任子(たかつかさあつこ:天親院有君)や一条忠良の娘・秀子(澄心院寿明君)を迎えたが、いずれも早世した。近衛忠煕(このえ ただひろ)の養女・敬子(天璋院)との間にも実子は生まれなかった。

徳川家定
                     天璋院篤姫

 家定が将軍在職中から将軍の後継者争いはすでに起こっていた。家定の病気が悪化した安政四年(1857年)頃から後継者争いが激化した。直弼は血統を重視する立場から紀州藩主の徳川慶福を推挙した。一橋慶喜を推す前水戸藩主・徳川斉昭ら一橋派との対立を深めた。

                 徳川慶福(徳川家茂)
一橋慶喜(徳川慶喜)

 安政四年十月二十七日(1957年12月13日)にアメリカ総領事タウンゼント・ハリスが江戸城にて将軍・徳川家定に謁見する。第14代大統領フランクリン・ピアースの親書を奉呈して公使の江戸駐在と通商条約交渉の開始を要求する。幕府は諸大名や直参に大統領親書とハリスの口上書の内容を開示して公使駐在と条約交渉開始の是非についての意見を求めた。是認、拒否と意見が割れる中で直弼は溜詰9家を結束させ、交渉を許容する旨の意見書を連名で提出した。

                    タウンゼント・ハリス
                    フランクリン・ピアース

 幕府は開国を決定して安政四年十二月十七日(1858年1月31日)に全権となった下田奉行の井上清直と目付の岩瀬忠震がハリスとの交渉を開始する。安政五年一月八日(1858年2月21日)に堀田正睦が勅許奏請のため上洛を命じられた。

 安政五年四月二十一日(1858年6月2日)に孝明天皇からの条約勅許獲得に失敗した堀田正睦が江戸に戻る。堀田は福井藩主・松平慶永を大老に就任させてこの先を対処したいと家定に述べた。しかし正睦が上洛中に老中の松平忠固と紀州藩家老の水野忠央の工作により、直弼が2日後の安政五年四月二十三日(1858年6月4日)に大老職拝命を伝えられ、直弼は大老に就任する。

孝明天皇

 直弼は勅許なしの条約調印に反対だったが、開国・積極交易派の松平忠固が即時条約調印を主張して安政五年六月十九日(1858年7月28日)に調印締結に至る。

 安政五年六月二十三日(1858年8月2日)に勅許を得られぬまま条約調印が行われた事態で、直弼は堀田正睦と松平忠固に老中罷免を言い渡した。

 安政五年六月二十四日(1858年8月3日)に前水戸藩主の徳川斉昭と子の水戸藩主・慶篤、福井藩主の松平慶永( 春嶽 しゅんがく)、尾張藩主の徳川慶恕が江戸城に無断で登城する。斉昭らは幕府の違勅調印を非難した。翌日の六月二十五日(8月4日)に幕府は徳川慶福の将軍継嗣決定を公表する。幕府は斉昭ら4名と一橋慶喜に隠居、謹慎、登城停止などの処罰を行う。

 孝明天皇は安政五年八月八日(1858年9月14日)に戊午の密勅を幕府の他、諸藩に回送するようにとの添書き付きで水戸藩に下し、幕府政治を非難した。

 直弼は老中の間部詮勝に命じて密勅に関与した人物の摘発や証言の収集を進める中で、武力による倒幕など反体制的な行為の計画が露見する。多数の志士(橋本左内、吉田松陰、頼三樹三郎)や宮家、堂上家の家臣が捕縛された。

間部詮勝
橋本左内
吉田松陰
頼三樹三郎

 徳川慶福は名を徳川家茂と改め、安政五年十二月一日(1859年1月4日)に将軍宣下(しょうぐんせんげ)を受ける。

 安政六年十二月十五日(1860年1月7日)に直弼は江戸城において徳川慶篤に3日以内に戊午の密勅を返上するよう申し渡した。この催促は数度にわたって続けられ、遂に慶篤は父の斉昭と相談の上、密勅を幕府に返納することにした。

 水戸藩の士民は密勅の返納を阻止あるいは朝廷に直接返納すべきとして混乱し、特に過激派は密勅の江戸降下を阻止しようと水戸から江戸の要路に潜伏した。水戸を脱藩した高橋多一郎や関鉄之助らによって直弼襲撃の謀議が繰り返された。

 安政七年三月三日(1860年3月24日)午前9時に直弼を乗せた駕籠は雪の中を外桜田の藩邸を出て江戸城に向かった。供廻りの徒士、足軽、草履取りなど60余名の行列が桜田門外の杵築藩邸の門前を通り過ぎようとしていた時、関鉄之介を中心とする水戸脱藩浪士17名と薩摩藩士の有村次左衛門の計18名による襲撃を受ける。

 刺客は駕籠に何度も刀を突き刺した後、瀕死の直弼を駕籠から引きずり出して首を刎ねた。井伊直弼は四十四年の生涯を終えた。

伝記・評伝

井伊直弼 (幕末維新の個性)

井伊直弼―己れの信念を貫いた鉄の宰相 (PHP文庫)

逆説の日本史 19 幕末年代史編2 井伊直弼と尊王攘夷の謎 (小学館文庫)

埋木舎と井伊直弼 (淡海文庫)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA