玉木文之進

玉木文之進

概要

 玉木文之進(たまきぶんのしん)文化七年庚午(かのえうま7)九月二十四日(1810年10月22日)生誕-明治九(1876)年丙子(ひのえね13)十一月六日逝去(六十六歳)は、幕末の長州藩士、教育者、兵学者。私塾、松下村塾(しょうかそんじゅく)の創立者。吉田松陰の叔父。諱(いみな)は正韞(まさかぬ)。通称は文之進。

経歴

 文化七年庚午(かのえうま7)九月二十四日(1810年10月22日)に萩で長州藩士で無給通組の父・杉常徳(七兵衛)の三男として誕生する。文政三年六月(1820年7月)に家格では杉家より上にあたる大組士の40石取りの玉木正路(十右衛門)の養子となって家督を相続する。

萩の町

 天保十三年(1842年)に松下村塾を開塾する。少年期の吉田松陰を厳しく教育した。親戚の乃木希典も玉木の教育を受けている。天保十四年(1843年)に大組証人役として出仕する。安政三年(1856年)に吉田代官に就任した。その後、各地の代官職を歴任して名代官と評価された。安政六年(1859年)に郡奉行に栄進した。同年の安政の大獄で甥の松陰が捕縛された。松陰の助命嘆願に奔走したが、松陰は処刑された。万延元年十一月(1860年12月)に松陰の監督不行き届きにより代官職を剥奪される。

吉田松陰
乃木希典

 文久二年(1862年)に藩に復帰する。文久三年(1863年)からは奥阿武代官として再び藩政に参与した。藩内では尊王攘夷派として行動し、毛利一門家の毛利親民の参謀を務めた。慶応二年(1866年)に幕府の第二次長州征伐では萩の守備に務めた。維新後、明治二年(1869年)に政界から引退した。再び松下村塾を開塾して子弟の教育に努めた。

 明治九年(1876年)に前原一誠による萩の乱に養子の玉木正誼と門弟の多くが参加したため、その責任を取る形で明治九(1876)年十一月六日に先祖の墓の前で切腹して逝去する。玉木文之進は六十六年の生涯を終えた。

前原一誠

関連書籍

吉田松陰とその家族 兄を信じた妹たち (中公新書)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA