横井小楠

横井小楠

概要

 横井小楠(よこいしょうなん)文化六年己巳(つちのとみ6)八月十三日(1809年9月22日)生誕-明治二年一月五日(1869年2月15日)逝去(五十九歳)は、熊本藩士、儒学者。横井時存(よこいときひろ:ときあり)とも呼ばれている。

経歴

 文化六年己巳(つちのとみ6)八月十三日(1809年9月22日)に横井小楠は肥後国(現、熊本県)熊本城下内坪井町で家禄150石の熊本藩士の父・横井時直の次男として誕生する。文化十三(1816)年に藩校・時習館に入校する。天保七(1836)年に講堂世話役を経て天保八(1837)年に時習館居寮長(塾長)となる。

熊本城
藩校時習館

 天保十年(1839年)に藩命により江戸に遊学する。林檉宇(はやしていう)の門下生となり、佐藤一誠、松崎慊堂(まつざきこうどう)らと出会う。江戸滞在中に幕臣の川路聖謨(かわじとしあきら)や水戸藩士の藤田東湖(ふじたとうこ)などと親交を結ぶ。

川路 聖謨
藤田 東湖

天保十年十二月二十五日( 1840年1月29日)に小楠は藤田東湖が開いた忘年会に参加した帰りさらに酒を飲み重ねた後、藩外の者と喧嘩になったことを咎められ天保十一年二月九日(1840年3月12日)に藩の江戸留守居役から帰国の命令を下され、帰国後に70日間の逼塞(ひっそく)を処された。この間、朱子学の研究に没頭する。

 天保十四(1843)年に自宅の一室で私塾「小楠堂」を開塾する。小楠の第一の門弟は徳富蘇峰(とくとみそ ほう)と蘆花( ろか)兄弟の父親の徳富一敬だった。第二の門弟は矢嶋源助だった。のちに多くの門弟を輩出した。

 安政二(1855)年五月に農村の沼山津(現、熊本市東区沼山津)に転居して自宅を「四事軒」(しじけん)と名づけ、小楠の号も地名にちなんで「沼山」(しょうざん)とした。四事軒には坂本龍馬、井上毅(いのうえ こわし、由利公正(ゆりきみまさ)、元田永孚(もとだながざね)など、明治維新の立役者や後の明治新政府の中枢の多くが後にここを訪問した。

坂本龍馬
井上毅
由利公正
元田 永孚

 安政四(1857)年三月に福井藩主の松平春嶽の使者として村田氏寿が小楠の元を訪れた。小楠は福井招聘を内諾した。小楠の内諾を受け、春嶽は八月に熊本藩主の細川斉護に書状を送り、小楠の福井行きを願い出た。斉護は一旦それを断るが、春嶽らが幾度にもわたり要請したため承諾した。安政五(1858)年三月小楠は福井に赴き、藩校明道館で講義を行う。

松平春嶽

 文久二年十二月十九日(1863年2月7日)に小楠は江戸滞在中に熊本藩江戸留守居役の吉田平之助の別邸を訪れ、熊本藩士の都築四郎と谷内蔵允を交え酒宴の席で、熊本藩の足軽が現れ、襲撃を受けた。小楠はこの時、床の間の刀を取れず予備の刀を取りに宿舎に戻り吉田別邸に帰ったが、賊はすでに立ち去り、吉田、都築ともに負傷していた。この件を熊本藩は咎め、家禄召し上げ士席を剥奪されて小楠は浪人となる。

 慶應三年十二月十八日(1868年1月12日)に朝廷から小楠を新政府に登用する旨の通知が京都の熊本藩邸に送られた。熊本藩は小楠が病気であるという虚偽の理由で断るが、岩倉具視が小楠を高く評価していたため熊本藩は拒否できず小楠の士席を回復して新政府の登用を認めた。慶応四年閏四月二十一日(1868年6月11日)に小楠は新政府から参与に任じられた。

岩倉具視

 明治二年一月五日(1869年2月15日)に小楠は参内の帰途中に京都寺町通丸太町下ル東側で十津川郷士ら6人組(上田立夫、中井刀禰尾、津下四郎左衛門、前岡力雄、柳田直蔵、鹿島又之允)の襲撃を受け暗殺された。横井小楠は五十九年の生涯を終えた。

伝記・評伝

横井小楠 (ちくま学芸文庫)

横井小楠の人と思想

慶喜を動かした男―小説 知の巨人・横井小楠 (祥伝社文庫)

横井小楠―維新の青写真を描いた男―(新潮新書)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA