藤田東湖

藤田東湖

概要

 藤田東湖(ふじたとうこ)文化三年丙寅(ひのえとら3)三月十六日(1806年5月4日)生誕-安政二年十月二日(1855年11月11日)逝去(四十九歳)は、江戸時代の水戸藩士、水戸学藤田派の学者。東湖神社の祭神。名は彪(たけき)、字を斌卿(ひんけい)。虎之助、武次郎、誠之進の通称を持つ。号の「東湖」は生家が千波湖(せんばこ)を東に望むとの由来。

東湖神社

経歴

 文化三年丙寅(ひのえとら3)三月十六日(1806年5月4日)に藤田東湖は水戸城下の藤田家屋敷に誕生する。水戸学者の父・藤田幽谷と町与力丹氏の娘の母・梅との次男として誕生する。兄の熊太郎は早世したため、嗣子となる。文政十(1827)年に家督を相続する。水戸学藤田派の後継として才能を発揮して彰考館(しょうこうかん)編集や彰考館総裁代役などを歴任した。

水戸彰考館

 文政十二(1829)年に水戸藩主継嗣問題にあたって、徳川斉昭派に属し、同年斉昭は常陸水戸藩第九代藩主となる。東湖は斉昭の信任厚く、郡奉行、江戸通事御用役、御用調役と順調に昇進する。天保十一(1840年)に藩主斉昭の側用人(そばようにん)に登用され藩政改革に務める。

常陸水戸藩第9代藩主
徳川斉昭

 弘化元年五月六日 (1844年6月21日)に斉昭が隠居謹慎処分を受けると共に東湖も失脚し、小石川藩邸(上屋敷)に幽閉される。同年九月に禄を剥奪された。弘化二(1845)年二月に幽閉のまま小梅藩邸(下屋敷)に移る。この幽閉、蟄居中に『弘道館記述義』『常陸帯』『回天詩史』など多くの著作が書かれた。理念や覚悟を述べるとともに、全体をとおして現状に対する悲憤を漂わせており、幕末の志士たちに深い影響を与えることとなる。

 嘉永五(1852)年に8年に及ぶ処分を解かれた。翌嘉永六(1853)年にアメリカ合衆国のマーシュ・ペリーが浦賀に来航する。斉昭が海防参与として幕政に参画すると東湖は江戸藩邸に召し出され、江戸幕府海岸防禦御用掛として斉昭を補佐した。

マーシュ・ペリー
ペリー艦隊

 安政二年十月二日(1855年11月11日)に推定震度6の安政江戸地震が発生する。地震発生時、東湖は一度脱出したが、母親を心配して自邸内に戻り母親を守るために、落下してきた梁を肩に受け留め、救出に来た家来の助けで母親の脱出に成功するも、東湖は母親の無事を確認した後力尽き圧死した。藤田東湖は四十九年の生涯を終えた。

著作・伝記・評伝

『東湖随筆』-弘化元(1844)年                 『常陸帯』 -弘化元(1844)年                  『回天詩史』-弘化元(1844)年                  『文天祥正気の歌に和す(正気の歌)』-弘化二(1845)年     『弘道館記述義』-弘化三(1846)年

藤田東湖 (人物叢書)

藤田東湖の生涯 (水戸の人物シリーズ)

日本の名著〈29〉藤田東湖 (1974年)

日本の名著 (29) 藤田東湖 (中公バックス)

叢書・日本の思想家 (36) 会沢正志斎・藤田東湖

GHQ焚書図書開封11: 維新の源流としての水戸学

尊王攘夷の旗―徳川斉昭と藤田東湖


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA