タウンゼント・ハリス

タウンゼント・ハリス

概要

 タウンゼント・ハリス(Townsend Harris)1804年10月3日甲子(きのえね1)生誕 -1878年2月25日逝去(73歳)は、アメリカ合衆国の外交官。初代駐日アメリカ合衆国弁理公使。

経歴

 1804年10月3日甲子(きのえね1)にタウンゼント・ハリスはニューヨーク州ワシントン郡サンデーヒル(後のハドソン・フォールズ)で父ジョナサン・ハリスの六男として誕生する。小学校・中学校を卒業後、父や兄と陶磁器輸入業で働く。図書館を利用して独学でフランス語、イタリア語、スペイン語を習得する。

 独学の結果、1846年にニューヨーク市の教育局長となる。1847年に高等教育機関「フリーアカデミー(現、ニューヨーク市立大学シティカレッジ)」を創設する。ハリス自らフランス語、イタリア語、スペイン語を教え、貧困家庭の子女の教育向上に尽くす。

ニューヨーク市立大学シティカレッジ

 1849年にハリスはサンフランシスコで貨物船の権利を購入し、貿易業を開始する。清、ニュージーランド、インド、マニラなど太平洋を中心に各地を航行する。1853年に日本への第1次遠征を行っていたが、アメリカ東インド艦隊司令長官のマーシュ・ペリーが清に滞在していた。上海にいたハリスはペリーに対して日本への同乗を望むが、軍人でないために許可を得ることができなかった。

マーシュ・ペリー
アメリカ東インド艦隊

 ハリスは1854年3月に台湾に関するレポート「台湾事情申言書」を提出する。4月に寧波市の領事に任命される。1855年にフランクリン・ピアース大統領から初代駐日領事に任命される。ハリスは日本を平和的に開国させ、諸外国の専制的介入を防いでアメリカの東洋における貿易権益の確保を目的に、日本との通商条約締結のための全権委任を与えられる。イギリスの駐日公職者は母国政府から派遣されたエリート出身者がほとんどだったが、アメリカはハリスのような在住の商人らに駐日領事を任命する事があった。1856年8月21日(安政三年七月二十一日)にハリスは伊豆の下田港に到着した。

 ハリスは下田玉泉寺に領事館を設置した。大統領親書の提出のために江戸出府を望むが、攘夷論者が反対して江戸出府は留保された。1857年6月17日(安政四年五月二十六日)に下田協定が調印された。

 ハリスは江戸出府を要請し続けました。1857年7月にアメリカの砲艦が下田へ入港すると、幕府は江戸へ直接回航されることを恐れてハリスの江戸出府、江戸城への登城、将軍との謁見を許可した。1857年10月に下田を出発し江戸に入った。1857年12月7日(安政四年十月二十一日)に登城する。13代将軍徳川家定に謁見して親書を読み上げる。

徳川家定

 1858年(安政5年)に大老・井伊直弼が京都の朝廷の勅許無しで通商条約締結に踏み切り、日米修好通商条約が締結される。ハリスは初代駐日公使となり下田の領事館を閉鎖して、1859年7月7日(安政六年六月八日)に江戸の元麻布善福寺に公使館を設置した。

井伊直弼

 1861年1月14日(万延元年十二月四日)に通訳兼書記官のヒュースケンが殺害される事件が起こる。1861年5月2日(文久元年三月二十三日)に14代将軍徳川家茂名での「七年間の両都・両港の開市・開港の延期を要求する直書」が各国公使に出される。ハリスはヒュースケン後任のアントン・ポートマンに翻訳させて同年5月8日(同年三月二十九日)付けでアメリカ本国へ報告した。

14代将軍徳川家茂

 1861年8月1日(文久元年六月二十五日)付けでエイブラハム・リンカーン大統領、ウィリアム・ヘンリー・スワード国務長官から徳川家茂宛の書簡がハリスに届く。ヒュースケン殺害の補償の合意がなければ、開市延期を含む一切の譲歩はしないという内容だった。ハリスは幕府と交渉して補償の合意を取り付けた後、同年12月6日に家茂に面会してリンカーンの親書を直接手渡し、同年12月14日(文久元年十一月十三日)に幕府からヒュースケン殺害の補償が実行された。

エイブラハム・リンカーン大統領
ウィリアム・ヘンリー・スワード国務長官

1862年(文久二年)に病気を理由に辞任の意向を示し、幕府は留任を望んだがアメリカ政府の許可を得て同年4月に5年9か月の滞在を終えて帰国した。帰国後は特に公職には就かず、動物愛護団体の会員などになった。1876年に保養地のフロリダ州に移住して1878年2月25日に逝去。タウンゼント・ハリスは73年の生涯を終えた。

伝記・評伝

タウンゼンド・ハリス ―教育と外交にかけた生涯 (有隣新書42)

タウンゼント・ハリスと堀田正睦―日米友好関係史の一局面


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA