二宮敬作

二宮敬作

概要

 二宮敬作(にのみやけいさく)文化元年甲子(きのえね1)五月十日(1804年6月17日)生誕-文久二年三月十二日(1862年4月10日)逝去(五十七歳)は、江戸時代後期の蘭学者、医学者。

経歴

 文化元年甲子(きのえね1)五月十日(1804年6月17日)に二宮敬作は伊予国宇和郡磯崎浦(現、愛媛県八幡浜市保内町磯崎)で誕生する。文政二年(1819年)に医師を志し長崎へ留学する。蘭語、蘭方医学を学んだ後、文政六年(1823年)にフィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルトの門弟となり鳴滝塾で学ぶ。

フィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト
鳴滝塾

 文政九年(1826年)にシーボルトの江戸行きに同行して測量器を用い、富士山の高度を日本で初めて測量する(シーボルトの恩師への報告によると測量結果は4982mで誤差1206m)。

 文政十一年(1828年)にシーボルト事件が起き、シーボルトがオランダへ帰還する際にシーボルトの娘イネの養育を託される。その後、敬作は事件に連座し半年の入獄ののち、江戸立ち入り禁止をされ長崎からも追放される。敬作は故郷の磯崎に戻る。

楠本イネ

 天保元年(1833年)に宇和郡卯之町で町医者となり、イネを呼び寄せ養育した。安政五年(1858年)に再び長崎へ行き、開業医となる。安政六年(1859年)に長崎に再来日したシーボルトと再会する。シーボルトは産科医を開業している娘イネをみて、養父の敬作に感謝した。

 文久二年三月十二日(1862年4月10日)に長崎で逝去する。二宮敬作は五十七年の生涯を終えた。

関連書籍

黎明のマルス: 幕末に生きた日本史上初の女医、楠本イネの軌跡


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA