高野長英

高野長英

概要

高野長英(たかのちょうえい)文化元年甲子(きのえね1)五月五日(1804年6月12日)生誕 – 嘉永三年十月三十日(1850年12月3日)逝去(四十六歳)は、江戸時代後期の医者、蘭学者。通称、悦三郎。諱(いみな)は譲(ゆずる)。号は瑞皐(ずいこう)。

経歴

 文化元年甲子(きのえね1)五月五日(1804年6月12日)に高野長英は陸奥国仙台藩の一門、水沢領主水沢伊達家家臣、後藤実慶の三男として誕生する。養父の叔父、高野玄斎は江戸で杉田玄白から蘭法医術を学んだ。養父所蔵の蘭書が多くあり、長英は幼いころから蘭学に強い関心を持つようになる。

杉田玄白

 文政三年(1820年)に長英は江戸に赴き、杉田伯元や吉田長淑に師事した。江戸生活で吉田長淑に才能を認められ、師の長の文字を貰い受けて「長英」を名乗る。同年、長崎に留学してフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトの鳴滝塾に入塾する。医学や蘭学を学ぶ。

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト
鳴滝塾

 鳴滝塾ではその抜きん出た学力から塾頭となる。文政十一年(1828年)にシーボルト事件が起き、二宮敬作や高良斎など主だった弟子が捕まり厳しい詮議を受けたが、長英はこのとき巧みに逃れた。後日、広瀬淡窓に弟子入りしたという説がある。この間、義父玄斎が亡くなり、長英は故郷から帰郷を求められるが、考えたすえに家督を捨てた。長英は武士の身分を失う。

二宮敬作

 天保元年(1830年)に江戸に戻り、麹町に町医者として蘭学塾を開業する。三河田原藩重役、渡辺崋山と出会い、崋山に長英の能力を買われて田原藩のお雇い蘭学者として蘭学書の翻訳に当たる。わが国で初めて、ピタゴラス、ガリレオ・ガリレイの近代科学、ジョン・ロック、などの西洋哲学史を要約する。

渡辺崋山

 天保三年(1832年)に紀州藩儒官の遠藤勝助の主宰する天保の大飢饉の対策会である「尚歯会(しょうしかい)に入り、崋山や藤田東湖らとともに中心的役割を担った。長英の『救荒二物考』などの著作はこの成果であった。

藤田東湖

 天保十年(1839年)に蛮社の獄が勃発する。長英も幕政批判のかどで捕らえられ、永牢終身刑判決が下り、伝馬町牢屋敷に収監された。牢内では服役者の医療に努め、また劣悪な牢内環境の改善なども訴えた。弘化元年六月三十日(1844年)に牢屋敷の火災に乗じて長英は脱獄する。硝酸で顔を焼いて人相を変えながら逃亡生活を続け、「沢三伯」の偽名を使って町医者を開業した。

伝馬町牢屋敷

 嘉永三年十月三十日(1850年12月3日)に江戸の青山百人町(現、東京都南青山)に潜伏していたところを何者かに密告され、町奉行所に捕縛される。何人もの捕方に十手で殴打され、縄をかけられた時には既に半死半生だったため、やむを得ず駕籠で護送する最中に絶命した。高野長英は四十六年の生涯を終えた。

著作・伝記・評伝

ゆめもの語 (国会図書館コレクション)

評伝高野長英―1804ー50

日本開国の道標―開国へ先鞭をつけた渡辺崋山と高野長英

長英逃亡(上) (新潮文庫)

日本の名著〈25〉渡辺崋山・高野長英 (中公バックス)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA