伊藤 圭介

伊藤 圭介

概要

 伊藤圭介(いとうけいすけ)享和三年癸亥(みずのとゐ60)一月二十七日(1803年2月18日)生誕 -明治三十四(1901 )年一月二十日逝去(九十七歳)は、幕末から明治期に活躍した理学博士。男爵。名は舜民、清民。 字は戴堯、圭介。号は錦窠。

経歴

 享和三年癸亥(みずのとゐ60)一月二十七日(1803年2月18日)に伊藤圭介は町医者の西山玄道の次男として名古屋呉服町に誕生する。文政三年(1820年)に町医の資格を得て開業する。文政四年(1821年)に京都に遊学し、藤林泰助から蘭学を学ぶ。文政十年(1827年)に長崎でフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトから「本草学」を学ぶ。文政十一年(1828年)に名古屋に帰還の際、にシーボルトからカール・ツンベルクの『日本植物誌』を受け取り、これを翻訳して文政十二年(1829年)に『泰西本草名疏』を刊行した。嘉永五年(1852年)に尾張藩から種痘法取調を命ぜられる。

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト
カール・ツンベルクの『日本植物誌』
泰西本草名疏

 明治維新後、明治三年(1870年)に圭介は名古屋を離れて東京に移住して明治政府に任官する。明治十四年(1881年)に東京大学教授に就任する。明治二十一年(1888年)に日本初の理学博士の学位を授与される。明治三十四(1901 )年一月二十日に逝去する。伊藤圭介は九十八年の生涯を終えた。

東京大学

著作

近世植物・動物・鉱物図譜集成〈第45巻〉伊藤圭介稿植物図説雜纂〈20〉 (諸国産物帳集成)

近世植物・動物・鉱物図譜集成〈第33巻〉伊藤圭介稿 植物図説雜纂〈8〉 (諸国産物帳集成)

伊藤圭介日記 [1] (国会図書館コレクション)

伊藤圭介遺言状 (国会図書館コレクション)

伝記・評伝

伊藤圭介 (人物叢書)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA