伊東玄朴

伊東玄朴

概要

伊東玄朴(いとうげんぼく)寛政十二年辛酉(かのととり58)十二月二十八日(1801年2月11日)生誕 -明治四年一月二日(1871年2月20日)逝去(七十歳)は、江戸時代末期から明治にかけての蘭方医。徳川幕府の奥医師。名は淵。近代医学の祖。

経歴

 寛政十二年辛酉(かのととり58)十二月二十八日(1801年2月11日)に伊東玄朴は肥前国(現、佐賀県神埼市神崎町的仁比山)で仁比山神社に仕えた執行重助の子として誕生する。後に佐賀藩士、伊東家の養子となる。

仁比山神社

 玄朴は長崎の鳴滝塾で、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトからオランダ医学を学ぶ。文政九年四月(1826年5月)にオランダ商館長(カピタン)の江戸参府にシーボルトと一緒に玄朴も随行した。玄朴は佐賀藩医の身分で江戸に留まる。

鳴滝塾 シーボルト像

 嘉永二年七月二十日(1849年)に玄朴は佐賀藩に牛痘種痘苗の入手を進言し、オランダ商館を通して種痘苗の入手に成功する。安政五年五月七日(1858年)に江戸幕府第十三代将軍、徳川家定が病気の際に蘭方医の戸塚静海とともに幕府奥医師に登用される。

牛痘種痘
徳川家定

 文久元年(1861年)に種痘所が幕府の支配下となり大槻俊斎が所長となる。種痘所は「西洋医学所」と名を改め、教授、解剖、種痘の三科に分かれて西洋医学校と付属診療所として開業する。玄朴は翌年の文久二年(1862 年)に林洞海や竹内玄同と共に、西洋医学所の取締役を命じられる。

 文久三年一月二十五日(1863年)に西洋医学所の頭取、松本良順の弾劾により玄朴は失脚する。以後奥医師に返り咲くことがなかった。明治四年辛未一月二日(1871年2月20日)に伊東玄朴は七十年の生涯を終えた。

伝記

伊東玄朴 (佐賀偉人伝)

天然痘に立ち向かった人類の闘い―江戸における伊東玄朴の功績

玄朴と長英 他三篇 (岩波文庫)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA