牧野忠雅

牧野忠雅

概要

 牧野忠雅(まきの ただまさ)寛政二十二年己未(つちのとひつじ56)十一月六日(1799年12月2日)生誕-安政五年十月二十五日(1858年11月30日)逝去(五十八歳)は越後長岡藩の第10代藩主。老中。海防掛担当。

経歴

 寛政二十二年己未(つちのとひつじ56)十一月六日(1799年12月2日)に長岡藩第九代藩主の牧野忠精の四男として江戸長岡藩邸で誕生する。四男だが、正室出生は長兄の忠鎮と忠雅、夭折した一女のみだった。文化五年(1808年)に兄の忠鎮が死去すると、庶出の兄の石川総親は既に下館藩主家の石川氏を相続し、同じく庶出の兄の銀三郎も既に死去していたため、忠雅が嗣子となる。

越後長岡藩

 文政四年(1821年)に忠雅は大久保忠真の娘の逸姫を正室に迎えた。天保二年(1831年)に父忠精が隠居。家督を相続する。天保五年(1834年)に 奏者番に任命される。天保七年二月二十六日(1836年)に寺社奉行を兼任する。天保十年一月十三日(1840年)に京都所司代に転任する。天保十四年十一月一日(1843年)に老中となり海防掛担当となる。老中首座の阿部正弘の次座につき、阿部と歩調を合わせた。安政四年六月十七日(1857年8月6日)に阿部が逝去する。同年九月十日に老中を辞任する。安政五年己午十月二十五日(1858年11月30日)に牧野忠雅は逝去。五十八年の生涯を終えた。 

阿部正弘


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA