九条尚忠

九条尚忠

概要

九条尚忠(くじょうひさただ)寛政十年戊午(つちのえうま55)七月二十五日(1798年9月5日)生誕-明治四年八月二十一日(1871年10月5日)薨去(七十三歳)は、江戸時代後期の公卿。左大臣。二条治孝の八男。官位は従一位関白。九条家二十九代当主。

経歴

 寛政十年戊午(つちのえうま55)七月二十五日(1798年9月5日)に二条治孝の八男として誕生する。実兄の権大納言・九条輔嗣に養育された。長期間、関白職を務めた鷹司政通から関白職を受け継ぐことになった。安政五年(1858年)に幕府が日米修好通商条約の勅許を求めてきた時、幕府との協調路線を推進して条約許可を求めた。将軍継嗣問題では徳川慶福の擁立を目指す南紀派を支持した。

徳川慶福 第14代将軍 徳川家茂

 安政五年三月十二日(1858年4月25日)に尚忠が朝廷に日米修好通商条約の議案を提出したところ、岩倉具視、中山忠能ら合計88名の堂上公家が条約案の撤回を求めて抗議の座り込みを行った。これに続いて、官務、壬生輔世と出納、平田職修より地下官人97名による条約案撤回を求める意見書が提出された。その結果、条約勅許に至らなかった。(廷臣八十八卿列参事件)。尚忠が勅許を認めようとしていたことを知った孝明天皇は立腹し、関白の内覧職権を一時停止し、事実上の停職処分を御下賜した。

岩倉具視
中山忠能
孝明天皇

 その後、幕府の援助により九条尚忠は復職を許される。幕府との協調路線を推進し、公武合体運動の一環である和宮降嫁(かずのみやこうか)を積極的に推し進めた。文久二(1862年)年六月に関白、内覧をともに辞し、出家する。謹慎を命じられて九条村に閉居した。

和宮親子内親王

 慶応三年(1867年)に尚忠は謹慎、入洛禁止を免除され、同年十二月八日に還俗を許された。明治元(1868)年九月十八日に准后に宣下された。明治四年八月二十一日(1871年10月5日)に九条尚忠は薨去。七十三年の生涯を終えた。

参考文献

九条尚忠文書 (1971年) (日本史籍協会叢書)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA