マシュー・ペリー

マシュー・ペリー

概要

 マシュー・カルブレイス・ペリーMatthew Calbraith Perry)1794年甲寅(きのえとら51)4月10日生誕 – 1858年3月4日逝去(63歳)は、アメリカ合衆国海軍の軍人。江戸時代に艦隊を率いて日本へ来航し開港への交渉を要求する。来航当時の文書には「ペルリ(漢字では彼理)」と表記される。

経歴

 1794年4月10日にロードアイランド州ニューポートでアメリカ海軍大尉のクリストファー・レイモンド・ペリーと妻セーラの間に三男として誕生する。1809年に14歳9か月で士官候補生の辞令を受けアメリカ海軍に入隊する。1812年からの、米英戦争に2人の兄とともに参加する。1833年にブルックリン海軍工廠の造船所長となる。1837年にアメリカ海軍で2隻目の蒸気フリゲートフルトン号を建造し、同年海軍大佐に昇進する。1840年6月にブルックリン海軍工廠の司令官となり、代将に昇進する。蒸気船を主力とする海軍の強化策を進めると共に、士官教育を務め、蒸気船海軍の父(Father of the Steam Navy)と呼ばれ海軍教育の先駆者となる。

ロードアイランド州ニューポート
ブルックリン海軍工廠
蒸気フリゲートフルトン号

 1852年11月に東インド艦隊司令長官に就任する。日本開国へ向けて交渉する指令をアメリカ合衆国第13代大統領ミラード・フィルモアから受ける。ペリーは大統領の親書を携えてバージニア州ノーフォークを出航する。フリゲート艦ミシシッピ号を旗艦とした4隻の艦隊は日本に向った。

ペリーの艦隊

 1853年7月8日(嘉永六年六月三)にペルーは浦賀に入港した。同年7月14日(六月九日)に幕府が指定した久里浜に上陸する。浦賀奉行の戸田氏栄と浦賀奉行の井戸弘道に大統領の親書を手渡した。幕府から翌年までの猶予を求められ、食料など艦隊の事情もあり琉球へ向けて出港した。

浦賀

 1854年2月13日(嘉永7年1月16日)に旗艦サスケハナ号など7隻の軍艦を率いて横浜沖に迫り、早期の条約締結を求め、同年3月31日(三月三日)に神奈川で日米和親条約に調印した。その後、那覇に寄港して7月11日に琉球王国とも琉米修好条約を締結した。

 日本開港の大任を果たしたペリーは体調不良もあり、艦隊の指揮権を譲り、1855年にニューヨークに帰還した。帰還後日本遠征記などを出版した。1858年3月4日にマシュー・ペリーはニューヨークで逝去。アメリカ海軍提督の63年の生涯でした。

著作

ペリー提督日本遠征日記 (地球人ライブラリー)

日本遠征記 (3) (岩波文庫)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA