遠山景元

遠山景元

概要

 遠山 景元(とおやま かげもと) 寛政五年癸丑(みずのとうし50)八月二十三日(1793年9月27日)生誕-安政二年二月二十九日(1855年4月15日)逝去(六十一歳)は、徳川幕府の旗本。幼名、通之進。通称、実父と同じ金四郎(きんしろう)。職制、江戸北町奉行、大目付、江戸南町奉行。テレビドラマの「東山の金さん」のモデル。

経歴

 寛政五年癸丑(みずのとうし50)八月二十三日(1793年9月27日)に長崎奉行を務めた父、遠山景晋、榊原忠寛の娘の母の子として誕生。文化六(1809)年に父の通称であった金四郎に改めます。青年期は複雑な家庭環境から、家を出て町屋で生活を送るが、後に帰宅しました。文化十一年(1814年)に、堀田一定(主膳)の娘のけいと結婚しました。 文政七年十二月二十五日(1825年2月12日)に義兄の景善が亡くなったため、三十一歳の時江戸幕府に出仕。江戸城西丸の小納戸に勤務しました。同年齢の徳川家慶の世話役を務めました。文政十二年四月(1829年5月)に父、景晋の隠居に伴い家督を相続。知行地500石を相続しました。天保三年(1832年)に西丸小納戸頭取格に就任。同時に従五位下大隅守に叙任されました。天保五年(1834年)に西丸小納戸頭取に昇進。天保八年(1837年)に作事奉行就任。天保九年(1838年)に勘定奉行に就任。天保十一年(1840年)に北町奉行に就任しました。

徳川家慶
北町奉行所跡
東京都千代田区丸の内

 天保十二年(1841年)に始まった「天保の改革」の実施において、町人達を奉行所に呼び出して分不相応の贅沢と奢侈の禁止を命令しました。風俗取締りの町触れを出したり、寄席の削減などの方針の一部に賛成しておりました。しかし、町人の生活と利益を脅かすような極端な法令の実施には反対しており、南町奉行の矢部定謙と共に老中、水野忠邦や目付の鳥居耀蔵と対立しました。天保十二年(1841年)に南町奉行の矢部定謙が鳥居耀蔵の策謀で失脚。景元1人で水野、鳥居に、ことごとく改革に抵抗する姿勢を保ち、対立することになりました。天保十四年二月二十四日(1843年)に鳥居の策略によって北町奉行を罷免され、大目付に昇進しました。大目付は名誉職で、権威はあるが、権力のない閑職でした。

南町奉行所跡
東京都千代田区有楽町
水野忠邦
鳥居耀蔵

 天保十四年閏九月十三日(1844年)に水野が改革の失敗により老中を罷免。弘化元年六月二十一日(1855年)に水野が老中首座に復帰しました。水野の報復で鳥居が失脚し、水野の弟、跡部良弼が後任の南町奉行となりました。弘化二年三月(1845年4月)に水野が病気を理由に老中罷免。跡部も水野の老中罷免の煽りを受ける形で小姓組番頭に異動、景元が南町奉行として返り咲きました。南北両方の町奉行を務めたのは極めて異例のことでした。

跡部良弼

 景元が南町奉行在任中は株仲間の再興に尽力(株仲間再興令)、床見世の存続を幕府に願い出て実現させました。寄席も制限を撤廃され復活しました。水野の後を受けて老中首座となった阿部正弘から重用されました。嘉永五年(1852年)に隠居して家督を嫡男の景纂( かげつぐ)に譲ると、剃髪して帰雲と号しました。安政二年二月二十九日(1855年4月15日)に六十一年の生涯を閉じました。

阿部正弘

伝記

遠山金四郎の時代 (講談社学術文庫)

遠山景元―老中にたてついた名奉行 (日本史リブレット 人)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA