徳川 家慶

徳川家慶
徳川幕府第12代将軍

概要

 徳川家慶(とくがわいえよし)寛政五年癸丑(みずのとうし50)五月十四日(1793年6月22日)生誕-嘉永六年癸丑(みずのとうし50)六月二十二日(1853年7月27日)薨去(六十歳)は、徳川幕府、第十二代征夷大将軍(在職、1837年 -1853年)。十一代将軍、徳川家斉の次男。

経歴

 寛政五年癸丑(みずのとうし50)五月十四日(1793年6月22日)に第十一代将軍、徳川家斉の次男として江戸城で誕生する。幼名、敏次郎。寛政九年三月一日(1797年)に従二位大納言に叙任。元服して家慶を名乗る。

徳川家斉
徳川幕府第11代将軍

 長兄の竹千代が早世したために将軍継嗣となり、天保八年九月二日(1837年)に右大臣となり、征夷大将軍に就任した。しかし先代の父、家斉が大御所として強大な発言権を保持した。

 天保十二年閏一月七日(1841年2月27日)に家斉が薨去する。家慶は四男・家定を将軍継嗣に決定した。老中首座の水野忠邦を重用し天保の改革を実行させる。併せて、家斉派を粛清して、間部詮勝、堀田正睦らが幕府の役職を辞任する事態となる。忠邦は幕府財政再建に乗り出し、諸改革を打ち出したが、徹底的な奢侈の取締りと緊縮財政政策を採用したため世間に支持されなかった。言論統制も行なわれ、高野長英、渡辺崋山などの開明的な蘭学者を弾圧した(蛮社の獄)。

徳川家定
水野忠邦
間部 詮勝
堀田正睦

 天保十四年(1843年)に天保の改革は実現できず、水野忠邦は失脚した。その後、家慶は土井利位や阿部正弘らに政治を委ねた。弘化四年九月一日(1847年)に水戸藩主、徳川斉昭の七男の松平昭致(まつだいらあきむね)に一橋家を相続させた。同年十二月一日に家慶は昭致に徳川慶喜の偏諱を与えた。

阿部正弘
徳川斉昭
徳川慶喜

 嘉永六年六月三日(1853年7月8日)にマシュー・ペリーが率いるアメリカ合衆国海軍東インド艦隊の蒸気船2隻を含む艦船4隻が、江戸湾入り口の浦賀(神奈川県横須賀市浦賀)沖に停泊した。久里浜に上陸し、アメリカ合衆国大統領国書を幕府に渡した。騒然とする幕府の中で、嘉永六年六月二十二日(1853年7月27日)に家慶は薨去。六十年の生涯に幕を降ろした。

黒船
マシュー・ペリー

伝記

 

徳川家慶、推参 (ハルキ文庫 ち 1-15)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA