鳥居耀蔵

鳥居耀蔵

概要

 鳥居 耀蔵(とりい ようぞう)寛政八年丙辰(ひのえたつ53)十一月二十四日(1796年12月22日)生誕-明治六(1873)年癸酉(みずのととり10)十月三日逝去(七十六歳)は、江戸時代の幕臣、旗本。耀蔵は通称。諱は忠耀(ただてる)。

経歴

 寛政八年丙辰(ひのえたつ53)十一月二十四日(1796年12月22日)に徳川幕府大学頭、林述斎(林衡)の三男として生まれました。生母の前原氏は側室でありました。文政三年(1820年)に耀蔵は鳥居成純の婿養子となって家督を継ぎ、2,500石の身分となりました。十一代将軍、徳川家斉の側近として仕えました。

林述斎
徳川幕府11代将軍 徳川家斉

 十一代将軍家斉が隠居後、徳川家慶が十二代将軍となりました。老中首座の水野忠邦の下で耀蔵は、目付、南町奉行として江戸市中を取締り、天保の改革を実行しました。天保九年(1838年)に江戸湾測量を巡って江川英龍と対立しました。天保十年(1839年)に蛮社の獄で渡辺崋山や高野長英ら蘭学者を弾圧しました。

江川英龍
渡辺崋山
高野長英

 天保十二年(1841年)に耀蔵は南町奉行矢部定謙を讒言により失脚させ、その後任として南町奉行となりました。天保の改革における耀蔵の市中取締りは非常に厳しく権謀術数に長けていたため、当時の人々からは“蝮(マムシ)の耀蔵”、あるいはその名をもじって“妖怪”とあだ名され、忌み嫌われました。天保十四年(1843年)に勘定奉行も兼任、印旛沼開拓に取り組みました。

 1842年8月29日にアヘン戦争が終結。列強の侵略の危機感から、江川や高島秋帆(たかしましゅうはん)らは洋式の軍備の採用を幕府に上申し、採用されました。これに対し、反対の立場にあった耀蔵は快く思わず、手下の密偵を使い、姻戚関係にあった長崎奉行、井沢政義と協力して、高島に密貿易や謀反の罪を着せました。

高島秋帆

 改革末期に水野忠邦が上知令の発布を計画し、これが諸大名、旗本の猛反発を買った際に耀蔵は反対派に寝返り、老中、土井利位に機密資料を残らず横流ししました。やがて天保の改革は頓挫し、水野は老中辞任に至りました。耀蔵は従来の地位を保ちました。

水野忠邦
土井利位

 半年後の弘化元(1844年)年五月に江戸城本丸が火災により焼失しました。老中首座、土井利位はその再建費用としての諸大名からの献金を充分には集められなかったことから将軍家慶の不興を買いました。外交問題の紛糾を理由に水野が再び老中として将軍家慶から幕政を委ねられました。利位は、水野の報復を恐れて老中を自ら辞任しました。水野は耀蔵を許しませんでした。職務怠慢、不正を理由に同年九月に耀蔵は解任されました。弘化二(1845)年二月十二日に耀蔵は有罪とされ、讃岐丸亀藩預かりとなりました。

 耀蔵は健康維持のため、若年からの漢方の心得を活かし幽閉屋敷で薬草の栽培を行いました。領民への治療も行い、丸亀藩周辺の人々からは尊敬され感謝されました。明治維新後、明治政府による恩赦で、1868(明治元)年十月に幽閉を解かれました。明治三年(1870年)郷里の駿府(現、静岡市)に移住。明治五年(1872年)に東京に戻りました。鳥居耀蔵は明治六(1873)年十月三日逝去。七十六年の生涯でした。

関連書籍

鳥居耀蔵 (中公新書)

鳥居耀蔵―天保の改革の弾圧者 (中公文庫)

妖怪といわれた男 鳥居耀蔵


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA