水野忠邦

水野忠邦

概要

 水野忠邦(みずのただくに)寛政六年甲寅(きのえとら51)六月二十三日(1794年7月19日)生誕-嘉永四年二月十日(1851年3月12日)逝去(五十六歳)は、江戸時代後期の、肥前唐津藩主、遠州浜松藩主。老中。

経歴

 寛政六年甲寅(きのえとら51)六月二十三日(1794年7月19日)に唐津藩第三代藩主の水野忠光の次男として誕生する。長兄の芳丸が早世したため文化二年(1805年)に唐津藩の世子となる。文化四年(1807年)に元服する。徳川幕府の第十一代将軍徳川家斉と世子の徳川家慶に御目見した。従五位下・式部少輔に叙位される。

徳川幕府第11代将軍 徳川家斉
徳川幕府第12代将軍 徳川家慶

 文化九年(1812年)に父忠光が隠居して家督を相続する。忠邦は幕府で昇進することを望む。忠邦は唐津藩が長崎警備の任務を負うことから昇格に障害が生じると知り、家臣の諫言を押し切って文化十四年九月(1817年10月)に実封25万3,000石の唐津から実封15万3,000石の浜松藩への転封を自ら願い出て実現させる。この国替えにより忠邦の名は幕閣に広く知れ渡り、寺社奉行兼任となる。

 文政八年五月十五日(1825年)に大阪城代に就任する。文政九年十一月二十三日(1826年)に京都所司代に就任して侍従を兼任する。文政十一年十一月二十三日(1828年)に 西丸老中に就任する。天保十年十二月二日(1839年)に 老中首座となり、幕府の権力を掌握した。

 忠邦は異国船が日本近海に相次いで出没して日本の海防を脅かす一方、年貢米収入が激減し、放漫な財政に打つ手を見出せない幕府に強い危機感を抱いていた。

 天保十二年閏一月七日(1841年2月27日)に大御所の徳川家斉が薨去する。家斉旧側近を罷免して「天保の改革」に着手する。奢侈禁止、風俗粛正を命じ、物価騰貴は株仲間が原因として株仲間の解散を命じるデフレ政策を実施する。しかし、低質な貨幣を濫造して幕府財政の欠損を補う政策をとったため、物価上昇につながり庶民の台所を苦しめた。腹心の鳥居耀蔵が上知令反対派の老中の土井利位に寝返って機密文書を渡すなどしたため、天保十四年閏九月十三日(1843年)に老中を罷免されて失脚した。

鳥居耀蔵
土井利位

 弘化元年五月(1844年6月)に江戸城本丸が火災により焼失した。老中首座の土井利位はその再建費用としての諸大名からの献金を充分には集められなかったことが理由で同年六月二十一日に将軍家慶は忠邦を老中首座に再任した。同年十月十二日に利位は忠邦の報復を恐れて自ら老中を辞任する。

 弘化二年二月二十二日(1845年)に忠邦は病気を理由にたびたび欠勤したため、老中を辞職する。同年九月に天保改革時代の疑獄の嫌疑が発覚して家督は長男の水野忠精に継ぐことを許された上で強制隠居、謹慎が命じられる。同年十一月三十日に 出羽国山形5万石に懲罰的転封を命じられる。

 嘉永四年二月十日(1851年3月12日)に水野忠邦は失意の中で五十六年の生涯を終えました。

関連書籍

週刊 日本の100人 No.089 水野忠邦 2007/10/23

水野忠邦 (人物叢書)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA