フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト

フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト

概要

 フィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト( Philipp Franz Balthasar von Siebold)1796年丙辰(ひのえたつ53)2月17日生誕 – 1866年10月18日逝去(69歳)は、ドイツの医師、博物学者。長崎出島の三学者の一人。

経歴

 1796年2月17日、神聖ローマ帝国の司教領ヴュルツブルク(現、ドイツ連邦共和国バイエルン州北西部)で誕生する。シーボルト家は祖父、父ともヴュルツブルク大学の医師であり、医学界の名門だった。父はヴュルツブルク大学医学部産婦人科教授だった。シーボルトという姓の前にフォン(Von) が添えられているのは、貴族階級を意味し、シーボルト家はフィリップが20歳になった1816年にバイエルン王国の貴族階級に登録される。シーボルト姓を名乗る親類の多くも中部ドイツの貴族階級で学才に秀で、医者や医学教授を多数輩出している。

ドイツ連邦共和国バイエルン州
ヴュルツブルク大学

 フィリップが1歳1ヵ月の時に父ヨハン・ゲオルク・クリストフは31歳で逝去する。以後、ハイディングスフェルに住む母方の叔父に育てられた。母マリア・アポロニア・ヨゼファとの間に2男1女があったが、長兄と長姉は幼年に死去して弟のフィリップだけが成人した。

 12歳からは地元の司祭となった叔父から個人授業を受け、教会のラテン語学校に通う。1815年にヴュルツブルク大学の哲学科に入学した。家系や親類の意見に従い、医学を学ぶことになる。大学在学中は医学をはじめ、動物、植物、地理などを学ぶ。

 デリンガー教授宅に寄宿して植物学者のネース・フォン・エーゼンベック教授の知遇を得たことが彼を植物に目覚めさせた。ヴュルツベルク大学は思弁的医学から臨床での正確な観察、記述及び比較する経験主義の医学への移行を重視していた。

ネース・フォン・エーゼンベック

 1820年に卒業したシーボルトは国家試験を受けてハイディングスフェルトで開業する。しかし、名門貴族出身という誇りと自尊心が強く町医師で終わることを選ばなかった。

 東洋学研究を志したシーボルトは1822年にオランダのハーグへ赴き、国王ウィレム1世の侍医から斡旋を受けて7月にオランダ領東インド陸軍病院の外科少佐となる。シーボルトの書簡に「外科少佐及び調査任務付き」の署名があることから、単なる医師・学術研究者ではなかったと見られている。

 1823年3月にジャカルタ市内のヴェルテフレーデンで第五砲兵連隊付軍医に配属され、東インド自然科学調査官も兼任する。滞在中にオランダ領東インド総督に日本研究の希望を述べたところ認められた。

 1823年6月末にバタヴィアを出て8月に来日した。鎖国時代の日本の対外貿易を認められていた長崎の出島のオランダ商館医となる。

出島

 1824年に長崎郊外に鳴滝塾を開設して西洋医学(蘭学)教育を行った。日本各地から集まってきた多くの医者や学者に講義した。代表として高野長英、二宮敬作、伊東玄朴、伊藤圭介らが塾生だった。塾生は後に医者や学者として活躍した。シーボルトは日本の文化を探索、研究した。特別に長崎の町で診察することを唯一許され感謝された。1825年に出島に植物園を作り日本を退去するまでに1400種以上の植物を栽培した。日本茶の種子をジャワ島に送ったことにより同島で茶栽培が始まった。

鳴滝塾 跡
長崎市鳴滝
高野長英
二宮敬作
伊東玄朴
伊藤圭介

 1826年4月に162回目にあたるオランダ商館長の江戸参府に随行する。道中を利用して日本の自然を研究することに没頭した。地理や植生、気候や天文などを調査した。1826年に11代将軍の徳川家斉に謁見した。この年、それまでに収集した博物標本6箱をライデン博物館へ送る。

第11代将軍 徳川家斉

 1828(文政11)年9月にシーボルトが帰国する直前、所持品の中に国外に持ち出すことが禁じられていた日本地図などが見つかり、それを贈った幕府天文方の書物奉行・高橋景康ほか十数名が処分され、景保は獄死した。シーボルトは1829(文政12)年に国外追放の上、再渡航禁止の処分を受けた(シーボルト事件)。シーボルトは1830年にオランダに帰還した。

 1854年3月31日(嘉永7年3月3日)日米和親条約を締結し、日本は開国した。1858年8月18日(安政5年7月10日)に日蘭修好通商条約を締結する。シーボルトに対する追放令は解除された。1859年にオランダ貿易会社顧問として再来日して、1861年に対外交渉のための幕府顧問となる。江戸・横浜にも滞在したが、幕府より江戸退去を命じられ幕府外交顧問、学術教授の職も解任される。1862年5月に多数の収集品とともに長崎から帰国する。

 1863年にオランダ領インド陸軍の参謀部付名誉少将に昇進する。1864年にオランダの官職も辞して故郷のヴュルツブルクに帰る。同年、ヴュルツブルクの高校でコレクションを展示し「日本博物館」を開催。1866年にミュンヘンで「日本博物館」を開催する。1866年10月18日にフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは逝去。日本に西洋医学を伝えた69年の生涯でした。

著作、参考文献

 

シーボルト江戸参府紀行

シーボルト 日本植物誌 (ちくま学芸文庫)

江戸参府紀行 (東洋文庫 (87))

ナチュラリスト シーボルト 日本の多様な自然を世界に伝えたパイオニア

シーボルト (人物叢書)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA