佐藤一斎

佐藤一斎

概要

 佐藤 一斎(さとういっさい)安永元年壬辰(みずのえたつ29)十月二十日(1772年11月14日)生誕- 安政六年己未(つちのとひつじ56)九月二十四日(1859年10月19日)逝去(八十六歳)は、美濃国岩村藩出身の儒学者。通称、捨蔵。号、一斎、愛日楼、老吾軒。

経歴

 安永元年壬辰(みずのえたつ29)十月二十日(1772年11月14日)に佐藤信由の次男として、江戸浜町岩村藩邸(現、東京都中央区日本橋浜町)下屋敷内で誕生する。代々、岩村藩に仕える家系であったと伝えられている。一斎は寛政二年(1790年)から岩村藩に仕え、大坂へ遊学する。中井竹山から儒学を学ぶ。

中井竹山

 寛政五年(1793年)に藩主・松平乗薀(のりもり)の三男・乗衡(のりひら)が、公儀儒官である林家に養子として迎えられ、当主(大学頭)として林述斎(はやしじゅつさい)と名乗る。一斎も近侍し門弟として昌平坂学問所に入門した。文化二年(1805年)に塾長に就任する。述斎と共に多くの門弟の指導に当たる。

林述斎
昌平坂学問所
東京都文京区湯島一丁目

 天保十二年七月十四日( 1841年8月30日)、述斎が逝去する。一斎は昌平黌(しょうへいこう)の儒官(総長)を任命される。朱子学が専門だったが、その広い見識は陽明学まで及ぶ。学問仲間から尊敬をこめて『陽朱陰王』と呼称される。門下生は3,000人と言われた。代表的な弟子として、渡辺崋山、山田方谷、横井小楠、佐久間象山、など、幕末に活躍した儒学者や兵学者がいた。

渡辺崋山
山田方谷
横井小楠
佐久間象山

 安政六年己未(つちのとひつじ56)九月二十四日(1859年10月19日)に幕末に活躍した儒学者や兵学者を教育した儒学者の佐藤一斎は八八年の天寿を全うした。

著作

座右版 言志四録

佐藤一斎『重職心得箇条』を読む

[現代語抄訳]言志四録

現代語訳 言志四録 完全版 (現代語訳文庫)

佐藤一斎一日一言


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA