島津斉彬

                    島津斉彬

概要

 島津斉彬(しまづ なりあきら)文化六年己巳(つちのとみ6)三月十四日(1809年4月28日)生誕-安政五年七月十六日(1858年8月24日)戊午(つちのえうま55)薨去(四十九歳)は、江戸時代後期から幕末の大名。薩摩藩十一代藩主。島津氏二十八代当主。斉彬の養女、天璋院篤姫は江戸幕府十三代将軍の徳川家定の正室。

天璋院篤姫
徳川家定

経歴

 文化六年己巳(つちのとみ6)三月十四日(1809年4月28日)に島津斉興の長男として江戸薩摩藩邸(薩摩藩上屋敷)で生まれた。母・弥姫(周子)は「賢夫人」として知られた人物で、乳母をつけず、弥姫自身の手で養育されました。青年期まで存命であった曽祖父第八代藩主、島津重豪の影響を受けて洋学に興味をもち、斉彬に影響を与えた。斉彬が次の藩主となれば、重豪のように公金を湯水のごとく費やし藩財政の困窮に一層の拍車をかけかねないと、特に藩上層部に心配され、斉興は斉彬が40歳を過ぎても家督を譲らなかった。斉興の側近の家老が、斉彬の異母弟に当たる久光の擁立を画策した。斉彬派側近は久光やお由羅を暗殺しようと計画したが、計画が発覚して、首謀者13名は切腹、また連座した約50名が遠島・謹慎に処せられた。斉興の叔父にあたる筑前福岡藩主、黒田斉溥に援助を求めた。こうして嘉永四(1851)年二月に斉興が隠居し、斉彬が  第十一代藩主に就任した。

                    島津久光

 藩主に就任するや、藩の富国強兵に努め、洋式造船、反射炉、溶鉱炉の建設、地雷、水雷、ガラス、ガス灯の製造などの事業を興した。嘉永四年七月(1851年8月)、土佐藩の漂流民でアメリカから帰国した中浜万次郎(ジョン万次郎)を保護し藩士に造船法などを学ばせたほか、安政元年(1854年)に洋式帆船「いろは丸」を完成させ、帆船用帆布を自製するために木綿紡績事業を興した。西洋式軍艦「昇平丸」を建造し幕府に献上しております。黒船来航以前から蒸気機関の国産化を試み、日本最初の国産蒸気船「雲行丸」を建造した。下士階級出身の西郷隆盛や大久保利通を登用した。

                  反射炉
               昇平丸
                   中浜万次郎
                   西郷隆盛
                   大久保利通

 斉彬は常陸水戸藩第九代藩主の徳川斉昭、伊予国宇和島藩八代藩主の伊達宗城、尾張藩第十四代藩主の徳川慶勝、土佐藩十五代藩主の山内豊信(容堂)、越前国福井藩十六代藩主の松平慶永(春嶽)らと藩主就任以前から交流をもつ。斉彬は彼らとともに幕政にも積極的に参加し、老中の阿部正弘に幕政改革(安政の幕政改革)を訴えた。斉彬は黒船来航以来の難局を打開するには公武合体、武備開国をおいてほかにないと主張した。安政四年(1857年)に阿部正弘が逝去。安政五年(1858年)に井伊直弼が大老に就任しました。大老井伊直弼と斉彬は将軍継嗣問題で対立した。

徳川斉昭.
伊達宗城
徳川慶勝
山内豊信
松平慶永
阿部正弘
井伊直弼

 第十三代将軍の徳川家定が病弱で嗣子がなかったため、次期将軍として徳川斉昭の子の一橋慶喜を推した。斉彬は、篤姫を家定の正室として嫁がせ、さらに公家を通じて慶喜を擁立せよとの内勅降下を朝廷に請願した。一方、井伊直弼は紀州藩主、徳川慶福を推した。直弼は大老の地位を利用して強権を発動し、反対派を弾圧する安政の大獄を開始。結果、慶福が第十四代将軍、徳川家茂となる。

                 徳川幕府14代将軍
                 徳川家茂
                 (紀州藩 徳川慶福)
徳川幕府15代将軍
徳川慶喜
(水戸藩 一橋慶喜)

 斉彬は、徳川慶福の将軍擁立を朝廷に抗議するため、藩兵5,000人を率いて上洛することを計画した。しかし、安政五年七月八日(1858年8月16日)、鹿児島城下で出兵のための練兵を観覧の最中に発病し、安政五年七月十六日(1858年8月24日)に薨去された。幕末に近代産業を取り入れた、偉大な藩主の四十九年の生涯でした。

伝記

島津斉彬公

島津斉彬 (シリーズ・実像に迫る11)

花神(上) (新潮文庫)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA