緒方洪庵

緒方洪庵

概要

 緒方洪庵(おがたこうあん)文化七年庚午(かのえうま7)七月十四日(1810年8月13日)生誕 – 文久三年六月十日(1863年7月25日)逝去(五十二歳)は、江戸時代後期の藩士、医師、蘭学者。大坂に適塾(大阪大学の前身)を開き、人材を育てた。天然痘治療に貢献して日本の近代医学の祖といわれる。

経歴

 文化七年庚午(かのえうま7)七月十四日(1810年8月13日)に緒方洪庵は備中佐伯氏の一族である備中国足守藩(現、岡山市)藩士の父・佐伯惟因(瀬左衛門)と石原光詮の娘の母・キャウの三男として誕生する。幼名は騂之助(せいのすけ)。8歳のとき天然痘に罹患する。

天然痘ウイルス

 文政八年二月五日(1825年3月24日)に洪庵は元服して田上惟章と名乗る。同年十月に大坂堂島新地4丁目(現、大阪市北区堂島3丁目)の足守藩大坂蔵屋敷の留守居役となった父と共に大坂へ出た。

 文政九(1826)年七月にに中天游(なかてんゆう)の私塾「思々斎塾」に入門する。この時に緒方三平と名乗り(のちに判平と改める)。以後は緒方を名字とした。4年間、蘭学と医学を学ぶ。天保二年(1831年)江戸へ遊学して坪井信道や宇田川玄真に学ぶ。天保七年(1836年)に長崎へ遊学して出島のオランダ人医師のニーマンのもとで医学を学ぶ。この頃から洪庵と号す。天保九(1838)年春に大坂に帰り、津村東之町(現・大阪市中央区瓦町3丁目)で医業を開業した。同時に蘭学塾「適々斎塾(適塾)」を開く。同年に天游門下の先輩の億川百記の娘・八重と結婚した。適塾は、福沢諭吉、大鳥圭介、橋本左内、大村益次郎、など幕末から明治維新にかけて活躍した多くの人材を輩出した。

適塾
大阪市中央区北浜3丁目
福沢諭吉
大鳥圭介
橋本左内
大村益次郎

 弘化二(1845)年に過書町(現、大阪市中央区北浜3丁目)の商家を購入して適塾を移転する。移転の理由は洪庵の名声が高まり、門下生が日々増えて津村東之町の塾では手狭となった為だった。嘉永二年二月七日(1849年12月21日)に京都に行き、出島の医師オットー・モーニッケが輸入し京都に伝わっていた痘苗を得て古手町(現・大阪市中央区道修町4丁目)に「除痘館」を開き、牛痘種痘法による切痘を始めた。嘉永三(1850)年に郷里の足守藩より要請があり「足守除痘館」を開き切痘を施す。牛痘種痘法は、牛になる等の迷信が障害となり、治療費を取らず患者に実験台になってもらい、かつワクチンを関東から九州までの186箇所の分苗所で維持しながら治療を続けた。その一方でもぐりの牛痘種痘法者が現れ、除痘館のみを国家公認の唯一の牛痘種痘法治療所として認められるよう奔走した。安政五年四月二十四日(1858年6月5日)に洪庵の天然痘予防の活動を幕府が公認し、牛痘種痘を免許制とした。

牛痘種痘法

 万延元(1860)年に除痘館を適塾の南の尼崎町1丁目(現、大阪市中央区今橋3丁目)に移転する。文久二(1862)年に伊東玄朴らの推挙を受け、幕府の西洋医学所頭取としての出仕要請を受けた。一度は健康上の理由から固辞するが、幕府の度重なる要請により、奥医師兼西洋医学所頭取として江戸に出仕した。

伊東玄朴

 文久三年六月十日(1863年7月25日)に江戸の医学所頭取役宅で突然喀血し窒息により逝去する。緒方洪庵は五十二年の生涯を終えた。

伝記・評伝

緒方洪庵と適塾

緒方洪庵 (人物叢書)

新版 緒方洪庵と適塾 (大阪大学社学共創シリーズ 1)

緒方洪庵―幕末の医と教え

「適塾」の研究 なぜ逸材が輩出したのか PHP文庫

緒方洪庵と適塾の門弟たち―人を育て国を創る

緒方洪庵伝 (1963年)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA