佐久間象山

佐久間象山

概要

佐久間象山(さくましょうざん:ぞうざん)文化八年辛未(かのとひつじ8)二月二十八日(1811年3月22日)生誕-元治元年七月十一日(1864年8月12日)逝去(五十三歳)は、松代藩士、兵学者、朱子学者。幼名、啓之助。

経歴

 文化八年辛未(かのとひつじ8)二月二十八日(1811年3月22日)に象山は信濃埴科郡松代字浦町で信濃松代藩士・佐久間一学国善の長男として誕生する。文政七年(1824年)に竹内錫命に入門して詩文を学ぶ。文政九年(1826年)に佐藤一斎の門下生であった鎌原桐山に入門して経書を学ぶ。文政十一年(1828年)に家督を継ぐ。天保二年三月(1831年4月)に藩主・真田幸貫の子の真田幸良の近習、教育係に抜擢された。高齢の父の介護の為に同年五月に辞職する。天保三年四月十一日(1832年)に藩老に対して不遜な態度があったとして真田幸貫から閉門を命じられる。

真田幸貫

 天保四年十一月(1833年12月)に江戸に出て、当時の儒学の第一人者の佐藤一斎に詩文と朱子学を学ぶ。山田方谷と共に「佐門の二傑」と称される。当時の象山は「伝統的な知識人」であった。天保十年(1839年)に江戸の神田於玉ヶ池で私塾「象山書院」を開き儒学を教えた。

佐藤一斎
山田方谷
象山書院
東京都千代田区岩本町

 天保十三年(1842年)に象山が仕える松代藩主・真田幸貫が老中兼任で海防掛に任ぜられると象山は顧問に抜擢される。象山は清とイギリスとのアヘン戦争 (1840年 – 1842年)による混沌とした海外情勢を研究した。『海国図志』などを元に『海防八策』を上書する。蘭学修得の必要に目覚め、弘化元年(1844年)にオランダ語、オランダの自然科学書、医書、兵書などの勉強に努めた。この功績により真田幸貫から洋学研究の担当者として認められ、象山は塾を閉じ江川英龍の下で兵学を学ぶことになる。

海防八策
江川英龍

 象山は大砲の鋳造に成功して西洋砲術家としての名声を得る。蘭学を下に、ガラスの製造や地震予知器の開発に成功する。更に牛痘種の導入も企図した(イギリスのジェンナーが1796年に牛痘種に成功)。嘉永四年(1851年)に再び江戸に行き、江戸木挽町(現、東京都中央区)で「五月塾」を開き、砲術・兵学を教えた。「五月塾」には勝海舟、吉田松陰、坂本龍馬などの俊才が続々と入門する。

勝海舟
吉田松陰
坂本龍馬

 嘉永七年(1854年)に門弟の吉田松陰が再び来航したペリーの艦隊で密航を企てて失敗するという事件を起こした。松陰から相談をもちかけられた象山もこの事件に連座して伝馬町牢屋敷に入獄する。その後、文久二年(1862年)まで松代で蟄居された。

ペリーの艦隊
伝馬町牢屋敷
東京都中央区日本橋小伝馬町3~5丁目

 元治元年(1864年)に象山は一橋慶喜に招かれて上洛する。象山は慶喜に公武合体論と開国論を説いた。しかし当時の京都は尊王攘夷派の志士の潜伏拠点となっており、「西洋かぶれ」という印象を持たれていた象山は上洛は危険な行動だった。元治元年七月十一日(1864年8月12日)に三条木屋町で前田伊右衛門と河上彦斎等の手で暗殺された。佐久間象山は五十三年の生涯を終えた。

一ツ橋慶喜
15代将軍 徳川慶喜

伝記

佐久間象山に学ぶ大転換期の生き方

佐久間象山伝

佐久間象山(上) (中公文庫)

佐久間象山(下) (中公文庫)


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA