藤沢周平

概要

 藤沢周平(ふじさわしゅうへい) 昭和二(1927)年丁卯(ひのとう4)十二月二十六日生誕 – 平成九(1997)年一月二十六日逝去(六十九歳)は 小説家。

経歴

  昭和二(1927)年丁卯(ひのとう4)十二月二十六日に藤沢周平は山形県東田川郡黄金村大字高坂字楯ノ下(現、山形県鶴岡市高坂)で農家の父・小菅繁蔵と母・たきゑの子として誕生する。

 山形県立鶴岡中学校(現、鶴岡南高校)の夜間部に入学する。昼間は印刷会社や村役場書記補として働く。昭和二十一年(1946年)に 鶴岡中学校を卒業する。同年、山形師範学校(現、山形大学)に進学する。 山形師範学校を卒業後、山形県西田川郡湯田川村村立湯田川中学校(鶴岡市湯田川、現在は鶴岡市立鶴岡第四中学校へ統合)へ赴任する。

  昭和三十五年(1960年)に株式会社日本食品経済社に入社して『日本食品加工新聞』の記者となる。以後作家生活に専念するまで同社に勤務する。 昭和四十七年(1972年)に『暗殺の年輪』で第69回直木賞を受賞する。 平成九(1997)年一月二十六日に藤沢周平は逝去。六十九年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。