城山三郎

概要

 城山三郎(しろやまさぶろう) 昭和二(1927)年丁卯(ひのとう4)八月十八日生誕 – 平成十九(2007)年三月二十二日逝去(七十九歳)は小説家。

経歴

  昭和二(1927)年丁卯(ひのとう4)八月十八日に城山三郎は愛知県名古屋市中区で誕生する。

 昭和二十一年(1946年)に東京産業大学(現、一橋大学)予科に入学する。 昭和二十七年(1952年)に 一橋大学を卒業する。 愛知学芸大学(現、愛知教育大学)商業科文部教官助手に就任する。 昭和三十四年(1959年)に『総会屋錦城』で第40回直木賞を受賞する。平成八年(1996年)に『もう、きみには頼まない 石坂泰三の世界』で第44回菊池寛賞を受賞する。 平成十九(2007)年三月二十二日に城山三郎は逝去。七十九年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA