梅原猛

概要

 梅原猛(うめはらたけし) 大正十四(1925)年乙丑(きのとうし2)三月二十日生誕 -平成三十一(2019)年一月十二日薨去(九十三歳)は 哲学者。

経歴

  大正十四(1925)年乙丑(きのとうし2)三月二十日に梅原猛は宮城県仙台市で父・梅原平二と母・ 石川千代の長男として誕生する。

 昭和十八年(1943年)に第八高等学校文科に入学する。昭和二十(1945)年四月に京都帝国大学文学部哲学科へ入学する。昭和二十三年(1948年)に 京都大学文学部哲学科を卒業する。 昭和二十四年(1949年)に 京都大学大学院に進学する。 昭和二十七年(1952年)に龍谷大学文学部専任講師に就任する。 昭和四十九年(1974年)に京都市立芸術大学学長に就任する。 平成三十一(2019)年一月十二日に梅原猛は逝去。九十三年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。