三島由紀夫

概要

三島由紀夫(みしまゆきお) 大正十四(1925)年乙丑(きのとうし2)一月十四日生誕 -昭和四十五(1970)年十一月二十五日逝去(四十五歳)は 小説家。

経歴

  大正十四(1925)年乙丑(きのとうし2)一月十四日に三島由紀夫は東京市四谷区永住町2番地(現、東京都新宿区四谷四丁目22番)で官僚の父・平岡梓と母・倭文重の長男として誕生する。

 昭和二十二(1947)年十一月二十八日に東京大学法学部法律学科を卒業する。同年十二月十三日に高等文官試験に合格する。 同年十二月二十四日に大蔵事務官に任官する。 昭和二十三(1948)年九月二日に創作に専念するため大蔵省に辞表を提出する。 昭和四十五(1970)年十一月二十五日に陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地内東部方面総監部の総監室を楯の会会員4名と共に訪れ、面談中に突如、益田兼利総監を人質にして籠城する。バルコニーから檄文を撒き、自衛隊の決起を促す演説をした直後に割腹自殺する。三島由紀夫は四十五年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。