福沢諭吉

福沢諭吉
福沢諭吉 文化人シリーズ切手

概要

 福澤 諭吉(旧字体)福沢 諭吉(新字体)(ふくざわ ゆきち)天保五年甲午(きのえうま31)十二月十二日(1835年1月10日)生誕 -明治三十四(1901)年二月三日逝去(六十六歳)は、蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者。慶應義塾(旧、蘭学塾、現、慶応義塾大学)の創設者。新聞『時事新報』の創刊者。

慶應義塾
時事新報

経歴

天保五年甲午(きのえうま31)十二月十二日(1835年1月10日)に摂津国大坂堂島浜(現、大阪府大阪市堂島)にあった豊前国(大分県)中津藩の蔵屋敷で下級藩士、福澤百助と妻・於順の次男として生まれました。父百助は、大坂の商人を相手に藩の借財を扱う職でした。諭吉が一歳八か月の時に急死しました。家族は中津に戻りました。中津では儒学を学び、安政元年(1854年)長崎で蘭学を学びます。中津に帰り、江戸へ行くと決めていましたが、兄の勧めによって、安政二(1855)年三月、緒方洪庵の適塾に入門しました。適塾ではオランダ語の原書を読み、筆写し、その記述に従って科学実験、簡易な理科実験などをしていました。安政四年(1857年)に二十四歳で塾頭になりました。

福沢諭吉生誕の地
大阪府大阪市福島区福島一丁目1 玉江橋北詰 近隣
大阪シティバス「玉江橋」下車 北東約200m
中津城
大分県中津市二ノ丁本丸
緒方洪庵
適塾
大阪府大阪市中央区北浜3丁目3-8

 安政五年(1858年)に諭吉は江戸の中津藩邸に開かれていた蘭学塾の講師となるため、中津藩から江戸出府を命じられました。築地鉄砲洲にあった奥平家の中屋敷に住み込み、そこで蘭学を教えました。

 安政六年(1859年)に諭吉は外国人居留地となった、横浜の見物に出かけました。横浜では、英語が用いられており、オランダ語が通じないため、諭吉は大きな衝撃を受けました。英語の必要性を思い、英蘭辞書などを頼りに独学で英語の勉強を始めました。

 安政六年(1859年)の年末に日米修好通商条約の批准交換のために使節団が米国軍艦ポーハタン号で渡米することか決定しました。その護衛を名目に咸臨丸を米国に派遣することが決定しました。万延元年一月十九日(1860年2月10日)諭吉は咸臨丸の艦長となる軍艦奉行、木村芥舟の従者として、浦賀を出港しました。同年二月二十六(日同年3月17日)にサンフランシスコに入港しました。

咸臨丸

 文久元年(1861年)に諭吉は中津藩士、土岐太郎八の次女のお錦と結婚しました。その年の冬、竹内保徳を正使とする文久遣欧使節を英艦・オーディン号で欧州各国へ派遣することとなり、文久二年一月一日(1862年1月30日)に諭吉は翻訳方として同行することになりました。ロンドンで第4回万国博覧会を視察しました。幕府から支給された支度金400両で英書・物理書・地理書を買い、日本へ持ち帰りました。文久二年十二月十一日(1863年1月30日)に帰国しました。元治元年(1864年)に外国奉行支配調役次席翻訳御用として幕府直参として米150俵、金15両を受けて「御旗本」として登用されました。

 慶応三年一月二十三日(1867年2月27日)に、使節主席・小野友五郎と徳川幕府の軍艦受取委員会随員としてコロラド号(郵便船)で横浜から渡米しました。同年、慶応三年六月二十七日(1867年7月28日)に帰国しました。

 慶応三年十月十四日(1867年11月9日)に十五代将軍の徳川慶喜は朝廷に対して大政奉還を奏上しました。慶応三年十二月二十九日(1868年1月3日)に明治天皇は王政復古の大号令を発して新政府が発足しました。諭吉は新政府から出仕を求められましたが辞退しました。以後も官職に就きませんでした。翌年に平民となりました。

徳川15代将軍 徳川慶喜

 慶応四年(1868年)に三田の新校舎が完成すると、慶應の年号をとって塾名を「慶應義塾」と定めました。同時に組織も西洋の共立学校の制度にならって、志を同じくするものが共同で社を結び、家塾から脱して近代私学として発足しました。諭吉は教育活動に専念しました。

 維新後、諭吉の妻の親戚である榎本武揚は、箱館戦争で敗北し東京の牢獄に2年半投獄されていました。榎本助命のため寺島宗則の紹介で、黒田清隆に面会して、榎本の罷免を願いました。黒田が了解して、榎本は新政府に出仕することが決まりました。

榎本武揚
黒田清隆

 明治七年(1874年)に板垣退助、後藤象二郎、江藤新平が下野しました。後藤の政治活動を支援し、国会開設運動の先頭に立ちました。この年、三菱の岩崎弥太郎と面会しました。明治九年(1876年)に初代内務卿の大久保利通と会見しました。

板垣退助
後藤象二郎
江藤新平
岩崎弥太郎

 明治十三(1880)年十二月に、参議の大隈重信邸で伊藤博文、井上薫らの政府高官と会見し、公報新聞の発行を依頼されました。諭吉は辞退しようと明治十四(1881)年一月に井上を訪問しました。しかし井上が「政府は国会開設の決意を固めた」と語ったことで福澤はその英断に喜び、新聞発行を引き受けました。明治十四年の政変で、大隈が失脚し、伊藤と井上が不仲になり、公報の話も立ち消えとなりました。しかし、自分の新聞発行に転用する事を決断し、明治十五(1882)年三月から『時事新報』を発刊することになりました。

大隈重信
伊藤博文
井上薫

 教育の画一化・中央集権化・官立化が確立されると、東京大学に莫大な資金が注ぎ込まれ、慶應義塾は経営難となりました。大隈重信と懇意であったため、伊藤博文から警戒されていた、当時の諭吉の立場は厳しいものとなりました。諭吉は「慶應義塾維持法案」を作成し、自らは学校経営から手を引きました。このころから平民の学生が増えたことにより、運営が徐々に黒字化するようになりました。明治二十五年(1892年)に北里柴三郎を招聘して、伝染病研究所を設立しました。帝国大学の構想が持ち上がっているころで、慶應義塾に大学部を設置し小泉信吉を招聘し、一貫教育の体制を確立しました。

北里柴三郎
小泉信吉

 明治十五年(1882年)に訪日した朝鮮独立党の指導者の金玉均と同志の朴泳孝と親交を深めた諭吉は、朝鮮問題に強い関心を抱くようになりました。日本の軍備は日本一国のためにあるのではなく、西洋諸国の侵略から東洋諸国を保護するためにあり、朝鮮における清国の影響力を排除代する必要があると考えました。日本で屈指の対清国主戦論者となりました。朝鮮宗主権の喪失を恐れる清は、袁世凱率いる3,000の兵を京城へ派遣しました。これにより、朝鮮政府内は事大党(清派)と独立党(日本派)と中間派に分裂しました。明治十七(1884)年十二月四日に甲申事変(コウシンじへん)が起こり、日本国内の主戦論が高まりました。明治二十七(1894)年三月に、日本に亡命中の金玉均が朝鮮政府に暗殺される事件がありました。同年四月から五月にかけて東学党の乱鎮圧のため、清国が朝鮮へ出兵を開始しました。日本政府もこれに対抗して朝鮮へ出兵し、日本と清は開戦に至りました。諭吉は、時事新報での言論を通し政府と軍を支持し、日清戦争を激励しました。

 諭吉は日清戦争後の晩年に、午前に3時間から4時間、午後に2時間勉強しました。居合や米炊きも続けました。晩年まで老書生といった風の生活を送りました。慶應義塾は大学部を設けて総生徒数が千数百人という巨大学校となりました。時事新報も信用の厚い大新聞となりました。明治三十四(1901)年二月三日に福沢諭吉は脳溢血が再発したために東京で逝去されました。啓蒙思想家、教育者としての六十六年の生涯でした。

著作

学問のすすめ

教育の目的

福翁自伝 02 福翁自伝

福沢諭吉 原文・現代語訳 やせ我慢の説: 勝海舟・榎本武揚への 批判とその回答


三国志演義 第一巻
三国志演義 第二巻
三国志演義 第三巻
三国志演義 第四巻
三国志演義 第五巻
三国志演義 第六巻
三国志演義 第七巻
三国志演義 第八巻
三国志演義 第九巻
三国志演義 第十巻
三国志演義 Ⅰ

土地建物無料査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA