吉行淳之介

概要

 吉行淳之介(よしゆきじゅんのすけ) 大正十三(1924)年甲子(きのえね1)四月十三日生誕 -平成六(1994)年七月二十六日逝去(七十歳)は 、小説家。

経歴

  大正十三(1924)年甲子(きのえね1)四月十三日に吉行淳之介は岡山県岡山市でモダニズムの詩人の父・吉行エイスケと母・あぐりの長男として誕生する。

 昭和二十(1945)年四月に東京帝国大学英文科に入学する。学費未納のため除籍処分となる。 昭和二十二年( 1947年)に新太陽社へ入社する。『モダン日本』『アンサーズ』などの雑誌の編集に携わる。昭和二十九年(1954年)に『驟雨』で第31回芥川賞を受賞する。 平成六(1994)年七月二十六日に吉行淳之介は逝去。七十年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。