遠藤周作

概要

 遠藤周作(えんどうしゅうさく) 大正十二(1923)年癸亥(みずのとい60)三月二十七日生誕 -平成八(1996)年九月二十九日逝去(七十三歳)は 、小説家。

経歴

  大正十二(1923)年癸亥(みずのとい60)三月二十七日に遠藤周作は東京府北豊島郡西巣鴨町(現、東京都豊島区北大塚)で銀行員の父・遠藤常久と母・ 郁の次男として誕生する。

 昭和二十三年(1948年)に慶応義塾大学文学部仏文科を卒業する。昭和二十五年(1950)年九月にフランスのリヨン大学に入学する。昭和三十(1955)年七月に小説「白い人」で第33回芥川賞を受賞する。 平成八(1996)年九月二十九日に遠藤周作は逝去。七十三 年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。